アッシュール・ダン1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アッシュール・ダン1世Ashur dan I、在位紀元前1179年 - 紀元前1134年)は、中アッシリア王国時代のアッシリアである。

ニヌルタ・アピル・エクルの息子として生まれ、父王の死後アッシリア王となった。彼はアッシリア史上最も治世の長い王の一人であるが、その治世についての情報は少ない。シュトルク朝(Shutrukid dynasty)エラムの王シュトルク・ナフンテ1世英語版と同盟を結んでカッシート朝(バビロン第3王朝)の王ザババ・シュマ・イディナ英語版と戦い、下ザブ川流域の領土を獲得した。続いてエラムがカッシート朝を滅亡させたが、バビロニアには新たにイシン第2王朝(バビロン第4王朝)が成立した。その後アッシュール・ダン1世の息子の王位継承に際してバビロニア(イシン第2王朝)の王イティ・マルドゥク・バラトゥ英語版の介入を受けてアッシリアは混乱した。2人の息子、ニヌルタ・トゥクルティ・アッシュールムタッキル・ヌスクが争い、バビロニアの後ろ盾を得たニヌルタ・トゥクルティ・アッシュールが王座を得る