アダ・ベレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダ・ベレス
基本情報
通称 エース[1]
階級 スーパーバンタム級
身長 160cm
リーチ 157cm
国籍 プエルトリコの旗 プエルトリコ
誕生日 1970年9月15日(44歳)
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 28
勝ち 20
KO勝ち 6
敗け 5
引き分け 3
テンプレートを表示

アダ・ベレスAda Velez1970年9月15日 - )は、プエルトリコプロボクサー。階級はスーパーバンタム級。前IBF女子世界ジュニアフェザー級王者。

来歴[編集]

1999年8月21日米国フロリダ州にてJocelyn Fontanilla戦でデビュー。3回TKOで勝利。

以降6戦全勝で2001年1月19日にキャシー・ウィリアムズと空位のIBA女子世界バンタム級王座を争い、判定で初タイトル奪取。

11月16日、メアリー・オルテガと初代WIBA世界ライトフェザー級王座を争い、判定で2階級制覇。

しかし、2002年6月21日にメリッサ・デル・バジェに敗れWIBA王座初防衛に失敗。

2003年にノンタイトルで再起を果たした後、6月28日デリア・ゴンザレスと初代WIBA世界バンタム級王座を争い勝利して王座獲得。

10月30日、リサ・ブラウンと引き分け初防衛。

2004年1月17日、アニータ・クリステンセン相手に敵地デンマークでWIBA王座2度目の防衛と空位のWIBF王座を懸けて挑むが敗れる。その後長期欠場。

2007年8月10日、Jeri Sitzes戦で復帰するも敗戦。9月21日のJackie Chavez戦で復帰初勝利。

2007年11月24日、Kasha Chamblinと空位のIBAライトフェザー級王座を争い、王座返り咲きを果たすが、またしても長期欠場。

2010年1月21日、カリーシャ・ウェスト戦で復帰し引き分け。

3月31日、コスタリカでメリンダ・クーパーと初代IBF女子ジュニアフェザー級王座を争い、2-1判定で王座獲得。しかし、僅差判定だったため、ダイレクトリマッチに。

11月20日、ラスベガスでのダイレクトリマッチを2-0判定で制して初防衛。

2012年3月24日、敵地ドミニカ共和国でケイティ・ウィルソン・カスティーヨと対戦するが、0-3判定で敗れ王座陥落。

2013年1月24日、ジェシカ・ラーコーツィと空位のWIBA王座を争うが、0-3判定負け。

戦績[編集]

  • プロボクシング: 28戦 20勝 6KO 5敗 3分け

獲得タイトル[編集]

  • IBA女子世界バンタム級王座
  • WIBA世界ライトフェザー級王座
  • WIBA世界バンタム級王座
  • IBF女子世界ジュニアフェザー級王座

脚注[編集]

  1. ^ Ada Velez”. Boxrec.com. 2013年3月17日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
創設
初代IBF女子ジュニアフェザー級王者

2010年3月31日 - 2012年3月24日

次王者
ケイティ・ウィルソン・カスティーヨ