アダム・ブライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・ブライト
Adam Bright
メルボルン・エイシズ
基本情報
国籍 オーストラリアの旗 オーストラリア
出身地 ビクトリア州メルボルン
生年月日 1984年8月11日(30歳)
身長
体重
182 cm
81 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2002年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム オーストラリアの旗オーストラリア
WBC 2006年2009年2013年

アダム・ブライトAdam Bright, 1984年8月11日 - )は、オーストラリアビクトリア州メルボルン出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

2002年、17歳でMLBコロラド・ロッキーズと契約。左のセットアッパーとして、2007年にはマイナーで50試合に登板。ワールド・ベースボール・クラシックのオーストラリア代表としてもシチュエーショナルレフティとして活躍した。

2009年までロッキーズの傘下でプレーした後、2010年6月にイタリアリーグのリミニと契約。

2010年はオーストラリアのリーグでプレーしていたが、12月24日に読売ジャイアンツと育成契約を結んだ[1]

2011年は育成選手として支配下登録選手への昇格を目指していたが、4月30日に登録を見送ることが球団から表明された。「26歳以上の新外国人育成選手の支配下登録は4月末まで」[2]という協約があるため、2011年中の支配下登録の可能性は無くなった。球団代表の清武は実力面や肩の故障を見送りの理由に挙げている[3][4]。肩の回復具合によって翌2012年シーズンの契約を結ぶことも示唆されていたが[4]10月22日、球団から戦力外通告を受けた[5]

2012年は再びオーストラリアリーグでプレーした。

2013年第3回WBCオーストラリア代表に選出され[6]3大会連続で選出された事になった。

プレースタイル・人物[編集]

サイドスローに近いフォームから140km/h前後のストレートスライダーを武器にする。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 022 (2011年)

脚注[編集]

  1. ^ アダム・ブライト投手と育成契約 Yomiuri Giants Official Web Site
  2. ^ 本来は3月末が期限だが、2011年は東日本大震災の影響で特例として4月末へ延長されていた
  3. ^ “巨人育成ブライト1カ月“延命””. nikkansports.com. (2011年3月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20110331-754959.html 2011年10月23日閲覧。 
  4. ^ a b “【巨人】育成ブライトの支配下登録見送り”. nikkansports.com. (2011年4月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20110430-768785.html 2011年10月23日閲覧。 
  5. ^ 木村投手ら7選手に戦力外通告”. 読売ジャイアンツ (2011年10月22日). 2011年10月23日閲覧。
  6. ^ Australia at the 2013 World Baseball Classic

関連項目[編集]

外部リンク[編集]