アダム・イートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アダム・イートン
Adam Eaton
Adam Eaton 2009.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国 ワシントン州シアトル
生年月日 1977年11月23日(36歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
200 lb =約90.7 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1996年 ドラフト1巡目
初出場 2000年5月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

アダム・イートンAdam Thomas Eaton , 1977年11月23日 - )は、MLBの右投右打の投手アメリカ合衆国ワシントン州シアトル出身。

略歴[編集]

1996年に、ドラフト1巡目でフィラデルフィア・フィリーズから指名を受け、プロ入り。1999年11月10日にアンディ・アシュビーとのトレードでカールトン・ローワー、スティーブ・モントゴメリーと共にサンディエゴ・パドレスに移籍[1]

2000年5月30日にメジャーデビューを果たし、以後先発ローテーションに入り、22試合に登板。防御率4.13、7勝を記録した。2001年も先発ローテーションに入って投げ、17試合の登板で8勝を挙げる活躍を見せていたが、7月にトミー・ジョン手術を受ける事になり、その後のシーズンを棒に振ってしまった。

2002年も手術の影響で6試合にしか登板出来なかったが、2003年に復活。先発ローテーションに入って183イニングを投げ、自身初の規定投球回をクリアした。2004年も前年に引き続く活躍を見せた。しかし、2005年は右手中指を痛め、3年ぶりに規定投球回到達を逃した。だが、24試合の登板で11勝を挙げるなど、実力を見せ付けた。2006年1月6日にエイドリアン・ゴンザレスターメル・スレッジクリス・ヤングとのトレードで大塚晶則、ビリー・キリアンとともにテキサス・レンジャーズへ移籍[1]

2006年、またしても指を痛めてしまい、13試合の登板に終わった。2006年11月30日、3年総額2,450万ドルでフィラデルフィア・フィリーズへ移籍[2]2007年は2年ぶりの2桁勝利を記録したが、実質リーグワースト・自己ワーストの防御率の6.29(規定投球回に0.1イニング足りなかった。リーグワーストがスコット・オルセンの5.81。)を記録するなど、精彩を欠いた。また、プレーオフではロースターから外された。2008年は7月12日の時点で3勝8敗・防御率5.71の成績で、7月18日にジョー・ブラントンがトレードで加入してからは先発ローテーションの座を奪われてしまった[3]。7月28日にはマイナーへ降格[4]。マイナーでも7試合に先発し、0勝5敗で防御率7.01という内容だったが9月のロースター拡大でメジャーへ復帰[5]。しかし復帰後は登板の機会は無く、ポストシーズンもロースターから外された。2009年2月27日、フィリーズはイートンの解雇を発表[6]3月1日ボルチモア・オリオールズと契約したが、不振が続いたため5月22日に解雇された。6月6日コロラド・ロッキーズとマイナー契約。8月12日にメジャーへ復帰した[7]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2000 SD 22 22 0 0 0 7 4 0 0 .636 583 135.0 134 14 61 3 2 90 3 0 63 62 4.13 1.44
2001 17 17 2 0 0 8 5 0 0 .615 499 116.2 108 20 40 3 5 109 3 0 61 56 4.32 1.27
2002 6 6 0 0 0 1 1 0 0 .500 142 33.1 28 5 17 0 2 25 2 0 20 20 5.40 1.35
2003 31 31 1 0 0 9 12 0 0 .429 789 183.0 173 20 68 6 7 146 7 1 91 83 4.08 1.32
2004 33 33 0 0 0 11 14 0 0 .440 848 199.1 204 28 52 3 10 153 5 0 113 102 4.61 1.28
2005 24 22 0 0 0 11 5 0 0 .688 568 128.2 140 14 44 6 5 100 5 0 70 61 4.27 1.43
2006 TEX 13 13 0 0 0 7 4 0 0 .636 291 65.0 78 11 24 0 4 43 0 0 38 37 5.12 1.57
2007 PHI 30 30 0 0 0 10 10 0 0 .500 734 161.2 192 30 71 4 11 97 6 0 117 113 6.29 1.63
2008 21 19 0 0 0 4 8 0 0 .333 478 107.0 131 15 44 5 6 57 2 0 71 69 5.80 1.64
2009 BAL 8 8 0 0 0 2 5 0 0 .286 194 41.0 56 9 19 1 0 28 1 0 39 39 8.56 1.83
COL 4 0 0 0 0 1 0 0 0 1.000 41 8.0 9 1 8 2 0 7 1 0 5 5 5.62 2.13
'09計 12 8 0 0 0 3 5 0 0 .375 235 49.0 65 10 27 3 0 35 2 0 44 44 8.08 1.88
通算:10年 209 201 3 0 0 71 68 0 0 .511 5167 1178.2 1253 167 448 33 52 855 35 1 688 647 4.94 1.44
  • 2009年度シーズン終了時

脚注[編集]

  1. ^ a b Adam Eaton Transactions” (英語). Baseball-Reference.com. 2009年2月15日閲覧。
  2. ^ Mandel, Ken (2006年11月30日). “Phillies make it official, sign Eaton Right-hander, 29, inks three-year, $24.5 millon contract” (英語). MLB.com. 2009年2月15日閲覧。
  3. ^ Mandel, Ken (2008年7月18日). “Blanton expected to debut Tuesday Newly acquired starter will take on Mets at Shea Stadium” (英語). MLB.com. 2009年2月15日閲覧。
  4. ^ Eaton takes Minor League assignment Left-hander Happ may join Phillies as part of bullpen”. MLB.com. 2009年2月28日閲覧。
  5. ^ Eaton hoping to help Phils in new role Starter back after Minor League stint to pitch in long relief”. MLB.com. 2009年2月28日閲覧。
  6. ^ Phillies release veteran Eaton Right-hander has $9 million remaining on contract”. MLB.com. 2009年2月28日閲覧。
  7. ^ Rox call up Eaton, send down Chacin Veteran righty earns spot after pitching well in Triple-A”. rockies.com (2009年8月12日). 2009年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]