アタバキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Atabaque in the street.jpg
演奏例

アタバキ(atabaque、発音: [ata'bak]) は、ブラジルの文化が融合してできたハンドドラムである。樽(たる)を細長く、少し円錐形にした形をしている。板は中南米原産の低木または高木ジャカランダからできている。 ヘッドは牛皮でできている。ボディの周りに張られている ボディに張られたロープは、ヘッドの根元の近くにある金属の輪につながっている。木製のウェッジは輪とボディに張り巡らされており、ロープを緩くしたりきつくしたりすることで、ドラムの音の高さを調節できる。 アタバキは カポエラMaculelê,アフリカ系ブラジル人の宗教 カンドンブレにおいて用いられる。カンドンブレにおいてsacreされていると考えられている。 アタバキには以下の3種類ある

  • Rum: 最も背が高く、出る音は低い。
  • Rum-Pi:音も身長も中くらい。
  • Lê: 最も背が低く、出る音は高い。

Maculelêカンドンブレの儀式では、 3つ以上のアタバキ(usually one of each type)が使われるが、 カポエイラの際アタバキは1つだけしか使われない。