アタナシオス・クリストポロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アタナシオス・クリストポロスギリシア語: Αθανάσιος Χριστόπουλος, ラテン文字表記:Athanasios Christopoulos, 1772年 - 1847年)は、ギリシャの詩人。

概要[編集]

マケドニアカストリアの出身。ブダパドヴァで学び、ワラキア公アレクサンデル・ムルシスの子たちの家庭教師になったが、ムルシス公が1811年に失脚するとヨアン・カラドジャに仕え、国の法典整備に尽力した。後にカラドジャからは解任され、文学に専念するようになる。彼が書いた乾杯の歌や愛の詩は現代もギリシャで人気が高い。ホメーロスヘラクレイトスの文学作を現代ギリシャ語に翻訳するなど、古代と近現代のギリシャの橋渡しにも一役買った。