アタカマ石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
atacamite
チリ産アタカマ石
チリ産アタカマ石
分類 ハロゲン化鉱物
シュツルンツ分類 3.DA.10a
Dana Classification 10.1.1.1
化学式 Cu2(OH)3Cl
結晶系 斜方晶系
へき開 {010}に完全
モース硬度 3.5
光沢 金剛光沢
緑色
条痕 緑色
比重 3.8
文献 [1][2][3][4]
プロジェクト:鉱物Portal:地球科学
テンプレートを表示
南オーストラリア、Mt. Gunson産のアタカマ石

アタカマ石(アタカマせき[5][6]atacamite、アタカマ鉱)は、ハロゲン化鉱物の一種。化学組成は Cu2(OH)3Cl[6]結晶系斜方晶系[6]

産出地[編集]

主な産地はアタカマ砂漠の他、乾燥地域であるアメリカ合衆国ユタ州などがある。日本では東京都三宅島に産する[2]

比較的稀な鉱物で、を含む一次鉱物砂漠風化、または酸化されたときに生成する。火山噴出物熱水噴出孔・変質した青銅や銅の人工物からも報告されている[4]

赤銅鉱ブロシャン銅鉱英語版青鉛鉱英語版カレドニア鉱英語版孔雀石珪孔雀石、またはそれらの多形と共に産する[4]

性質・特徴[編集]

塩基性塩化銅である。結晶として、或いは繊維状、状の集合体でも産出する。

ボタラック石英語版単斜晶系)・単斜アタカマ石(単斜晶系)・パラアタカマ石三斜晶系)などの多形を示す[2]

用途・加工法[編集]

銅鉱石としての利用はさほど多くない。

サイド・ストーリー[編集]

名称は、1801年にアタカマ砂漠で発見されたことに由来する[2]

チロリ属多毛類の中に、の一部がアタカマ石でできているものがいる[7]

アタカマ石グループ[編集]

  • anatacamite - Cu2Cl(OH)3、三斜晶系
  • アタカマ石 atacamite - Cu2(OH)3Cl、斜方晶系
  • ボタラック石 botallackite - Cu2(OH)3Cl、単斜晶系
  • 単斜アタカマ石 clinoatacamite - Cu2(OH)3Cl、単斜晶系
  • gillardite - Cu3Ni(OH)6Cl2、三方晶系
  • haydeeite - Cu3Mg(OH)6Cl2、三方晶系
  • herbertsmithite - Cu3Zn(OH)6Cl2、三方晶系
  • kapellasite - Cu3Zn(OH)6Cl2、三方晶系
  • パラアタカマ石 paratacamite - Cu3(Cu,Zn)(OH)6Cl2、三斜晶系

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「おもな鉱物」『理科年表 平成20年』 国立天文台編、丸善2007年、640頁。ISBN 978-4-621-07902-7
  2. ^ a b c d Atacamite, MinDat.org, http://www.mindat.org/show.php?id=406 2012年6月5日閲覧。  (英語)
  3. ^ Atacamite, WebMineral.com, http://webmineral.com/data/Atacamite.shtml 2012年6月5日閲覧。  (英語)
  4. ^ a b c Atacamite (PDF)” (英語). Handbook of Mineralogy. Mineralogical Society of America. 2012年6月5日閲覧。
  5. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会1984年、5頁。ISBN 4-8181-8401-2
  6. ^ a b c 松原聰宮脇律郎 『日本産鉱物型録』 東海大学出版会国立科学博物館叢書〉、2006年、10頁。ISBN 978-4-486-03157-4
  7. ^ Helga C. Lichtenegger; et al. (2002). “High abrasion resistance with sparse mineralization: copper biomineral in worm jaws”. Science (American Association for the Advancement of Science) 298 (5592): 389–92. doi:10.1126/science.1075433. ISSN 0036-8075. PMID 12376695. 

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]