アソシエイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アソシエイツは主に80年代に活躍したイギリススコットランド出身のバンド。初期はビリー・マッケンジーアラン・ランキンを中心としたバンド形態で、その後はビリー・マッケンジーのソロプロジェクトとして活動した。

来歴[編集]

第1期(1979年から1982年まで)[編集]

ビリー・マッケンジーとアラン・ランキンは1976年ダンディー市で出会い、キャバレーデュオ The Ascorbic Ones を結成した。その後、Mental Torture というバンド名でレコーディングをし、1978年にアソシエイツと改名した。 1979年デヴィッド・ボウイの Boys Keep Swinging のカヴァーでデビュー。フィクション・レコードで発表したファーストアルバムのThe Affectionate Punch とSituation Twoに移籍してからのシングル集でセカンドアルバム、Fourth Drawer Downを発表する。

1982年に発表したParty Fears Twoでブレイクし、Club Country、18 Carat Love Affairとシングルヒットに恵まれる。同じ年に彼らの作品で商業的に最も成功したアルバムSulkを発表した。しかしワールドツアーをめぐる意見の違いからアランと喧嘩別れし、彼はその年の10月に正式脱退した。

第2期(1983年から1990年まで)[編集]

アランの脱退後、アソシエイツはビリーのソロプロジェクトとして1990年まで活躍することになる。Perhaps1985年に発表後、The Glamour Chaseに着手する。だが、アルバム制作が遅れた件で当時の所属レコード会社だったWEAと折り合いが悪くなり、1989年に解雇される。それはThe Glamour Chaseを発表する機会を逃すことだった(2002年に発表)。同年にヴァージン・レコード傘下のレーベルに移籍し、Wild And Lonelyの発表後、ビリーはアソシエイツを名乗ることを止めた。

その後[編集]

ビリーはその後、1992年ドイツのダンスミュージックシーンに影響を受けたアルバムOuternationalを発表したが、あまり当たったとはいえなかった。1993年ベルギーのクレスプキュール・レーベルなどで仕事をしていたアランと11年ぶりに再会し、アソシエイツ再結成を念頭に置いたデモテープ作りをした。しかし、ビリーがオーディションやツアーに乗り気ではなく、再結成をすることで束縛されることを怖れたため、再結成はご破算になる。

その後、ビリーはSteve Aungleと組んで音楽活動をしたが、発表の機会に恵まれなかった。1996年に元メンバーでザ・キュアーにも参加していたマイケル・デンプシーや、アポロ440などとの仕事をきっかけにヌード・レコードとの契約をするが、母親が亡くなったことでうつ病が悪化。1997年に自殺する。

彼が亡くなった頃、アソシエイツのアルバムは殆どが廃盤だった。しかし、マイケル・デンプシーと遺族が旧作や未発表作の発売に尽力したため、長らくのアルバムだったThe Glamour Chaseや再結成時やデビュー前の音源を集めたDouble Hipnessなどのレア音源が次々に発売されるようになった。

アランは現在、グラスゴーにあるストウ・カレッジで講師の仕事をしている。ベル・アンド・セバスチャンのファーストアルバムTigermilkのプロデューサーでもある。

ディスコグラフィ[編集]

アルバムとベストアルバム[編集]

*は日本盤が出た物

  • The Affectionate Punch (Fiction Records, 1980)
  • Fourth Drawer Down (Situation Two, 1981) *
  • Sulk (WEA, 1982) *
  • The Affectionate Punch (Remixed) (Fiction, 1982)
  • Perhaps (WEA, 1985) *
  • The Glamour Chase (WEA, 1988) – 2002年まで未発表
  • Wild And Lonely (circa 1990) *
  • Popera (WEA East West, 1990) *
  • The Radio 1 Sessions (Nighttracks, 1994)
  • Double Hipness (V2 Records, 2000)
  • Radio 1 Sessions Volume 1;1981-83 (Strange Fruit Records, 2003)
  • Radio 1 Sessions Volume 2;1984-85 (Strange Fruit, 2003)
  • Singles (Warners, 2004)

シングル[編集]

  • Boys Keep Swinging (Double Hip, 1979)
  • A (1981)
  • Would I...Bounce Back? (1981)
  • Q Quarters (Situation Two, 1981)
  • Tell Me Easter's on Friday (Situation Two, 1981)
  • Kites [as 39 Lyon Street] (1981)
  • Kitchen Person (Situation Two, 1981)
  • Message Oblique Speech (Situation Two, 1981)
  • White Car in Germany (Situation Two, 1981)
  • Party Fears Two (WEA, 1982) 全英9位
  • Club Country (WEA, 1982) 全英13位
  • 18 Carat Love Affair/Love Hangover (WEA, 1982) 全英21位
  • Those First Impressions (1984) 全英43位
  • Waiting For the Love Boat (1984) 全英53位
  • Breakfast (1984) 全英49位
  • Take Me To the Girl (1985) 全英95位
  • Heart of Glass (1988) 全英56位
  • Fever (circa,1990)  全英81位
  • Fire to Ice (1990) 全英92位
  • Just Can't Say Goodbye (1990) 全英79位

参考文献[編集]

Doyle, Tom (1998). The Glamour Chase. Soho Square, London: Bloomsbury Publishing. ISBN 0-7475-3615-5.