アセフェート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アセフェート
Acephate.png
IUPAC名 ホスホルアミドチオ酸-O,S-ジメチル-N-アセチル
分子式 C_4H_1_0NO_3PS
分子量 183.2
CAS登録番号 [30560-19-1]
密度 1.4 g/cm3,
融点 92-93 °C

アセフェート(:Acephate)は、有機リン系の農薬殺虫剤の一種である。

使用[編集]

主に野菜園芸植物につくアブラムシの抑制に使われる。また、森林に対して葉もぐり虫ケムシハバチアザミウマアリの抑制にも使われる。

アセフェートは多数の植物に対し無害であると考えられている。しかし、アセフェートの加水分解生成物であるメタミドホスは有害である。また、アセフェートは加熱によって分解し、リン窒素および硫黄酸化物といった有害ガスを放出する。

性質[編集]

アセフェートは水によく溶け、また植物体への浸透性に優れ、加えて植物体内で移動しやすい性質があるので、1回の散布で効果が持続し、予防薬に向いている。 特にアブラムシ等の吸汁性害虫に有効である。

販売[編集]

商品名オルトラン。粒剤、水和剤がある。また、これのジェネリック品が日本で最初のジェネリック農薬として、ジェイエースの名でJA全農から発売されている。同様に、住友化学からもスミフェートの名で発売されている。

アリに対しては、糖類と混合したベイト剤(アリアトール)が用いられる。

毒性[編集]

アセフェートはその少量での使用にも関わらず、鳴禽類(ウグイスツグミヒバリなど)の方角感覚を狂わせるという結果も報告されている。 海域への活性物質の移動の危険性、及び水、海洋汚染の危険性に影響を与える可能性がある。

現在の人間の一日摂取許容量(ADI)は、0.03ミリグラム。