アセナフチレン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アセナフチレン
Acenaphthylene
Skeletal formula Space-filling model
識別情報
CAS登録番号 208-96-8 チェック
PubChem 9161
ChemSpider 8807 チェック
UNII 1Z25C36811 チェック
ChEBI CHEBI:33081 チェック
特性
化学式 C12H8
モル質量 152.19 g mol−1
外観 黄色の結晶性粉末
密度 0.8987 g cm-3
融点

91.8 °C, 365 K, 197 °F

沸点

280 °C, 553 K, 536 °F

への溶解度 不溶
エタノールへの溶解度 易溶
ジエチルエーテルへの溶解度 易溶
ベンゼンへの溶解度 易溶
クロロホルムへの溶解度 可溶
危険性
MSDS MSDS
Rフレーズ R22 R36 R37 R38
Sフレーズ S26 S36 S37 S39
引火点  ?°C
関連する物質
関連物質 アセナフテン
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アセナフチレン: Acenaphthylene[1][2]は、多環芳香族炭化水素の一種。ナフタレンの1位と8位をエチレンでつないだ形状を持ち、コールタールなどに含まれる。水素化によりアセナフテンとなる。

他の多くの多環芳香族炭化水素と異なり、蛍光を発しない。

アセナフチレン誘導体のアセトキシメチルアセナフチレンおよびヒドロキシメチルアセナフチレンは高い反射防止効果を持ち、高集積回路素子の製造において反射防止膜の材料となる。重合体のポリアセナフチレンや、スチレン無水マレイン酸などとの共重合体は、低吸湿性や低誘電率性などの特性を持ち、応用が研究されている[3]

脚注[編集]

外部リンク[編集]