アセトアニリド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アセトアニリド
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 103-84-4
KEGG C07565
特性
化学式 C8H9NO
モル質量 135.17 g/mol
密度 1.219 g/cm3
融点

115℃ (239°F)

沸点

305℃

への溶解度 0.1g/100 mL(22℃)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アセトアニリド (acetanilide) はアミドの一種で、フレーク状の外見を持つ無色の固体。N-フェニルアセトアミドアセタニルなどとも呼ばれる。アンチフェブリンという名称でかつて解熱鎮痛剤として用いられていた有機化合物

合成[編集]

アセトアニリドは、アニリン無水酢酸から合成できる。アニリニウム塩塩化アセチルを使っても良い。

性質[編集]

熱水に溶ける。545 ℃ まで加熱すると発火するが、通常の条件では安定。純粋な結晶は無色である。

用途[編集]

アセトアニリドは、セルロース系ニスの酸化防止剤、ゴムの加硫促進剤、色素や医薬品の合成中間体として用いられる。19世紀には、写真の現像液の成分のひとつとされていた。

アセトアニリドには鎮痛作用、解熱作用が知られる。アセトアミノフェン(パラセタモール、4'-ヒドロキシアセトアニリド)と同族の医薬品である。かつては大衆薬として "acetanilid" という名で販売されていた。しかし1948年にジュリアス・アクセルロッドバーナード・ブローディは、アセトアニリドが他の同用途の薬品に比べ高い毒性を持ち、メトヘモグロビン血症を引き起こして肝臓や腎臓に損傷を与えることを発見した。そのためアセトアニリドは、アセトアミノフェンなど毒性のより低い医薬品にその地位をゆずることとなった。アセトアミノフェンがアセトアニリドの代謝産物であることもまた、アクセルロッドブローディにより示唆されたことであった。