アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼ
識別子
EC番号 2.1.1.4
CAS登録番号 9029-77-0
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

アセチルセロトニン-O-メチルトランスフェラーゼ(acetylserotonin O-methyltransferase, ASMT)は、メラトニン生合成の最終反応を触媒する酵素で、ノルメラトニンメラトニンに変換する。この反応は、トリプトファン代謝経路にも組み込まれており、そちらでは5-ヒドロキシインドール酢酸から5-メトキシインドール酢酸に変換する[1]

ヒトでは、この酵素はASMT遺伝子にコードされており、この遺伝子はX染色体Y染色体の両方に全く同じく存在する[2][3]

出典[編集]

  1. ^ Kanehisa, M., Goto, S., Hattori, M., Aoki-Kinoshita, K.F., Itoh, M., Kawashima, S., Katayama, T., Araki, M., and Hirakawa, M.; From genomics to chemical genomics: new developments in KEGG. Nucleic Acids Res. 34, D354-357 (2006). [pubmed] [pdf] [See also comments in Thomson's website]
  2. ^ Donohue SJ, Roseboom PH, Illnerova H, Weller JL, Klein DC (October 1993). “Human hydroxyindole-O-methyltransferase: presence of LINE-1 fragment in a cDNA clone and pineal mRNA”. DNA Cell Biol. 12 (8): 715–27. doi:10.1089/dna.1993.12.715. PMID 8397829. 
  3. ^ Rodriguez IR, Mazuruk K, Schoen TJ, Chader GJ (December 1994). “Structural analysis of the human hydroxyindole-O-methyltransferase gene. Presence of two distinct promoters”. J. Biol. Chem. 269 (50): 31969–77. PMID 7989373. http://www.jbc.org/cgi/content/abstract/269/50/31969. 

外部リンク[編集]