アスラエル交響曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アスラエル交響曲作品27チェコ語: Asrael Symfonie)は、チェコ作曲家ヨセフ・スクが作曲した交響曲アスラエルとは、死を司る天使の名を示している。

概要[編集]

作曲家として順風満帆の歩みを見せていたスクは、若き日には師のドヴォジャークの影響の下、幸福感に溢れる作品を書いていたが、1904年にドヴォジャークが亡くなると強い衝撃を受け、亡き師に捧げる交響曲の作曲を決意した。しかし、作曲中の1905年、第4楽章の作曲を始めたころに今度はドヴォジャークの娘であるスクの妻オティリエが若くして世を去った。交響曲は1906年10月に完成し、「アスラエル」の名はこの完成の際に付けられたものである。翌1907年2月3日プラハにて、カレル・コヴァジョヴィツの指揮で初演された。

構成[編集]

ハ短調を主調とし、全体で5つの楽章からなっており、第3楽章までを「第一部」、第4楽章以降を「第二部」としてわけられる。演奏時間は約60分

  • 第1楽章:アンダンテ・ソステヌート
  • 第2楽章:アンダンテ
  • 第3楽章:ヴィヴァーチェ(スケルツォ)
  • 第4楽章:アダージョ
  • 第5楽章:アダージョ・エ・マエストーソ

楽器編成[編集]

編成表
木管 金管
Fl. 3(第2、第3はピッコロ持ち替え) Hr. 6 (5番、6番はad lib) Timp. 4 Vn.1 1
Ob. 2、イングリッシュホルン1 Trp. 3(C管) バスドラム1、シンバルトライアングル Vn.2 1
Cl. 2(B♭管。小クラリネット持ち替え)、バスクラリネット1(B♭管) Trb. 3 Va. 1
Fg. 2、コントラファゴット1 Tub. 1(トロンボーン3番と同譜) Vc. 1
Cb. 1
その他 ハープ1