アスタコイデスノコギリクワガタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アスタコイデスノコギリクワガタ
Prosopocoilus astacoides castaneus sjh.jpg
アスタコイデスノコギリクワガタの1亜種
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: 甲虫目 Coleoptera
亜目 : 多食亜目 Polyphaga
下目 : コガネムシ下目
Scarabaeiformia
上科 : コガネムシ上科
Scarabaeoidea
: クワガタムシ科 Lucanidae
: ノコギリクワガタ属
Prosopocoilus
: アスタコイデスノコギリクワガタ
P. astacoides
学名
Prosopocoilus astacoides
(Hope1840)
和名
アスタコイデスノコギリクワガタ
キバナガアカクワガタ
オオアカノコギリクワガタ

アスタコイデスノコギリクワガタ (Prosopocoilus astacoides) は、昆虫綱甲虫目クワガタムシ科ノコギリクワガタ属に分類されるクワガタムシ。Metopodontus 属とする場合や、これを亜属としてProsopocoilus (Metopodontus) astacoidesとする場合もある。

キバナガアカクワガタ(牙長赤鍬形虫)、オオアカノコギリクワガタ(大赤鋸鍬形虫)とも呼ばれる。

分布[編集]

インドからモンゴル

形態[編集]

ノコギリクワガタ属の中では中型ないし大型になる種類で、地域によって、亜種の大きさの差がある。オスメス共に体中が明るい朱色の体色をしているが、これは生きている間であり死ぬと黒ずんでしまう。また大顎の付け根、関節部、メスの頭部などは黒い。

亜種[編集]

分類は確定的なものではなく、あるものを独立種とみなす立場や、逆にシノニムとみなす考えもある。

Prosopocoilus astacoides astacoides (Hope, 1840) アスタコイデスノコギリクワガタ
インド北東部、ネパールブータン
P. a. blanchardi (Parry, 1873) フタテンアカノコギリクワガタ(フタテンアカクワガタ)
モンゴル済州島(韓国)、台湾、中国福建省
P. a. castaneus (Hope & Westwood, 1845)
インド東部、タイ北部ベトナム
P. a. cinnamomeus (Guérin, 1843) ジャワアカノコギリクワガタ
ジャワ島
P. a. dubernardi (Planet, 1899)
中国雲南省
P. a. elaphus (Möllenkamp, 1902)
マレー半島スマトラ島
P. a. kachinensis Bomans & Miyashita, 1997
ビルマカチン州
P. a. karubei Nagai, 2000
ベトナム南部

人間との関係[編集]

ペットとして飼われる。体色が人気で、繁殖もしやすいがオスの性格が凶暴なので交尾させるときは注意が必要。

ギャラリー[編集]

外部リンク[編集]