アスコルビン酸ペルオキシダーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
L-アスコルビン酸ペルオキシダーゼ
識別子
EC番号 1.11.1.11
CAS登録番号 72906-87-7
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

アスコルビン酸ペルオキシダーゼ(アスコルビンさんペルオキシダーゼ、Ascorbate peroxidases; APX, EC 1.11.1.11)は、アスコルビン酸ビタミンC)を基質として過酸化水素などの過酸化物を無毒化する酵素である。酵素反応としては、アスコルビン酸から過酸化物へ電子を渡し、デヒドロアスコルビン酸を生成する[1]

Ascorbate peroxidase reaction.PNG

APX はグルタチオン-アスコルビン酸回路の重要な構成要素の一つである[2]。これらの酵素は一般にヘムタンパク質であり、ヘム補因子が上記のような酸化還元反応の反応部位となっている[3]

注釈[編集]

  1. ^ Raven EL (2000). “Peroxidase-catalyzed oxidation of ascorbate. Structural, spectroscopic and mechanistic correlations in ascorbate peroxidase”. Subcell. Biochem. 35: 317-49. doi:10.1007/0-306-46828-X_10. PMID 11192727. 
  2. ^ Noctor G, Foyer CH (Jun 1998). “ASCORBATE AND GLUTATHIONE: Keeping Active Oxygen Under Control”. Annu Rev Plant Physiol Plant Mol Biol 49: 249-279. doi:10.1146/annurev.arplant.49.1.249. PMID 15012235. 
  3. ^ Raven EL, Lad L, Sharp KH, Mewies M, Moody PC (2004). “Defining substrate specificity and catalytic mechanism in ascorbate peroxidase”. Biochem. Soc. Symp. (71): 27-38. PMID 15777010. 

外部リンク[編集]