アジュメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アジメールから転送)
移動: 案内検索
アジュメール
अजमेर
اجمیر
Ajmer
Mayo college in a sunny day.jpg
座標 : 北緯26度26分28秒 東経74度38分28秒 / 北緯26.44111度 東経74.64111度 / 26.44111; 74.64111
行政
インドの旗 インド
  ラージャスターン州
 県 アジュメール県
 市 アジュメール
地理
面積  
  市域  ? km2
標高 486 m
人口
人口 (2001年現在)
  市域 485,197人
その他
等時帯 インド標準時 (UTC+5:30)
夏時間 なし
Pincode 305001
市外局番 145
ナンバープレート RJ01

アジュメールヒンディー語अजमेर, ウルドゥー語اجمیر, 英語:Ajmer)は、インドラージャスターン州アジュメール県に属する都市。人口約50万人(2001年)。アジメールアジミール(Ajmir)とも呼ばれる。

中世のスーフィー聖者フワージャ・ムイーヌッディーン・チシュティーを祀るダルガー(درگاہ:イスラーム聖者廟)の門前町として有名である。参拝客はムスリムに限らず、ヒンドゥーなど多くの人々が聖者の霊験にあずかろうとここに足を運ぶ。また、町にはアクバル大帝の離宮も存在する。

歴史[編集]

ジャハーンギールフッラムメーワール王国からの遠征の帰途にて)

1193年ゴール朝ムハンマド・ゴーリーに征服される。

1365年、アジュメールはラージプートメーワール王国領となる。

1509年、メーワール王国とマールワール王国との間でアジュメールをめぐり紛争が発生する。

1553年スール朝の武将ヘームーが占領し、その死後、1559年ムガル帝国アクバルが占領。帝国領ラージャスターンの中心地となり、ラージープート諸国支配の中心地となった。また、アクバルはこの地に赴く際、ファテープル・シークリーで聖者サリーム・チシュティーと面会し、男子を授かることを予言されたことは有名である[1]

18世紀前半、ムガル帝国とラージプートとの間で争奪が繰り返されたのち、マラーター勢力の支配に置かれる。

1818年、アジュメールはシンディア家からイギリスに5万ルピーで売却され、イギリスはここを中心にラージプート諸藩王国を支配した。

地理[編集]

ジャイプルの西、ジョードプルの東に位置する。ニューデリーからムンバイへ続くNH8号線が通っている。

人口[編集]

気候[編集]

Ajmerの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 22.9
(73.2)
25.7
(78.3)
31.3
(88.3)
36.5
(97.7)
39.7
(103.5)
38.4
(101.1)
33.6
(92.5)
31.3
(88.3)
32.6
(90.7)
33.5
(92.3)
29.2
(84.6)
24.7
(76.5)
31.62
(88.92)
平均最低気温 °C (°F) 7.6
(45.7)
10.5
(50.9)
16.0
(60.8)
22.2
(72)
26.8
(80.2)
27.5
(81.5)
25.6
(78.1)
24.4
(75.9)
23.7
(74.7)
18.8
(65.8)
12.3
(54.1)
8.4
(47.1)
18.65
(65.57)
雨量 mm (inch) 7.3
(0.287)
6.0
(0.236)
5.0
(0.197)
4.0
(0.157)
15.7
(0.618)
58.1
(2.287)
181.5
(7.146)
157.5
(6.201)
73.0
(2.874)
13.1
(0.516)
4.0
(0.157)
3.8
(0.15)
529
(20.826)
出典: IMD[2]

交通[編集]

  • 鉄道
アジュメール駅

脚注[編集]

  1. ^ エスポジト『イスラームの歴史2』、p.190
  2. ^ Monthly mean maximum and minimum temperature and total rainfall of important cities (PDF)”. 2013年7月28日閲覧。

参考文献[編集]

  • 「アジュメール」『南アジアを知る事典』応地利明、2002年
  • 『イスラームの歴史2 拡大する帝国』 共同通信社、2005年

外部リンク[編集]

座標: 北緯26度26分28秒 東経74度38分28秒 / 北緯26.441066度 東経74.641113度 / 26.441066; 74.641113