アジアリーグアイスホッケー2012-2013

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アジアリーグアイスホッケー2012-2013シーズンは、2012年9月8日から2013年3月30日にかけて開催された。優勝は東北フリーブレイズ(2シーズンぶり2回目)。

参加チーム[編集]

チーム 本拠地
H.C.栃木日光アイスバックス 栃木県日光市
日本製紙クレインズ 北海道釧路市
王子イーグルス 北海道苫小牧市
東北フリーブレイズ 福島県郡山市青森県八戸市
アニャンハルラ 京畿道安養市
High1アイスホッケーチーム 江原道春川市
チャイナドラゴン 上海市

レギュラーリーグ[編集]

チーム GP W OTW SOW SOL OTL L Goals Pts
1. 日本の旗 王子イーグルス 42 32 2 0 1 1 6 199:92 102
2. 日本の旗 東北フリーブレイズ 42 24 1 2 0 2 13 162:117 80
3. 日本の旗 日本製紙クレインズ 42 17 4 6 3 3 9 176:130 77
4. 韓国の旗 アニャンハルラ 42 21 0 2 3 3 13 187:141 73
5. 日本の旗 H.C.栃木日光アイスバックス 42 15 3 3 2 0 19 123:141 59
6. 韓国の旗 High1アイスホッケーチーム 42 13 2 0 3 2 22 164:160 48
7. 中華人民共和国の旗 チャイナドラゴン 42 0 0 0 1 1 40 67:297 2
  • GP:試合数、W:60分勝利、OTW:延長戦勝利、SOW:シュートアウト勝利、SOL:シュートアウト負け、OTL:延長戦負け、L:60分負け、Goals:総得点と総失点、Pts:勝点

プレーオフ[編集]

東北フリーブレイズが初優勝した2010-2011シーズンは、東日本大震災の影響でファイナルが開催されず、アニャンハルラと2チーム優勝だったため、初の単独優勝となった。

  セミファイナル ファイナル
                 
1  王子イーグルス 3  
4  アニャンハルラ 0  
    1  王子イーグルス 1
  2  東北フリーブレイズ 3
2  東北フリーブレイズ 3
3  日本製紙クレインズ 1  

表彰[編集]

最優秀選手[編集]

部門 受賞者 所属
レギュラーリーグ クリス・ハリントン 王子イーグルス
プレーオフ 畑享和 東北フリーブレイズ

ベスト6[編集]

部門 受賞者 所属
フォワード マイケル・スウィフト High1
フォワード スコット・バーニー High1
フォワード ブロック・ラドゥンスキ アニャンハルラ
ディフェンス クリス・ハリントン 王子イーグルス
ディフェンス ブラッド・ファリヌック 東北フリーブレイズ
ゴールキーパー 福藤豊 H.C.栃木日光アイスバックス

個人タイトル[編集]

部門 受賞者 チーム 成績
最多得点 マイケル・スウィフト High1 39
最多アシスト マイケル・スウィフト High1 58
最多ポイント マイケル・スウィフト High1 97
最優秀セーブ率GK 福藤豊 H.C.栃木日光アイスバックス 93.24

その他[編集]

部門 受賞者 所属
ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー 畑享和 東北フリーブレイズ
最優秀監督 若林クリス 東北フリーブレイズ
レフリー特別功労賞 小泉公一 日本アイスホッケー連盟
ホッケータウン・イン・アジア 八戸市

出典[編集]

関連項目[編集]