アジアリーグアイスホッケー2005-2006

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アジアリーグアイスホッケー2005-2006シーズンは、2005年9月24日から2006年3月26日にかけて開催された。優勝はコクド(2シーズン連続2度目)。

参加チーム[編集]

前シーズン終了後、ゴールデンアムールが解散したが、韓国のカンウォンランドと中国のノルディックバイキングスが加盟して、9チームに増加した。日光アイスバックスが日光市神戸市のダブルフランチャイズとなり、日光神戸アイスバックスにチーム名を変更。アニャンハルラウィニアはアニャンハルラにチーム名を変更。

チーム 本拠地
日光神戸アイスバックス 栃木県日光市兵庫県神戸市
日本製紙クレインズ 北海道釧路市
王子製紙 北海道苫小牧市
コクドアイスホッケーチーム 東京都西東京市
アニャンハルラウィニア 京畿道安養市
カンウォンランド 江原道春川市
ハルビンアイスホッケーチーム 黒竜江省ハルビン市
チチハルアイスホッケーチーム 黒竜江省チチハル市
ノルディックバイキングス 北京市

レギュラーリーグ[編集]

チーム GP W OTW T OTL L GF-GA Pts
1. 日本の旗 日本製紙クレインズ 38 30 2 1 0 5 240:066 95
2. 韓国の旗 アニャンハルラ 38 25 0 0 3 10 164:100 78
3. 日本の旗 コクド 38 24 0 4 1 9 156:078 77
4. 日本の旗 王子イーグルス 38 22 0 4 2 10 159:087 72
5. 中華人民共和国の旗 ノルディック・バイキングス 38 20 2 1 0 15 129:108 65
6. 日本の旗 日光神戸アイスバックス 38 16 2 2 1 17 103:118 55
7. 韓国の旗 カンウォンランド 38 7 2 2 1 26 096:143 28
8. 中華人民共和国の旗 ハルビン 38 7 1 1 0 29 068:198 24
9. 中華人民共和国の旗 チチハル 38 3 0 1 1 33 061:278 11
  • GP:試合数、W:60分勝利、OTW:延長戦勝利、T:引き分け、OTL:延長戦負け、L:60分負け、Goals:総得点と総失点、Pts:勝点

プレーオフ[編集]

1回戦   セミファイナル   ファイナル
                   
     日本製紙クレインズ 3  
 王子イーグルス 3      王子イーグルス 0  
 ノルディックバイキングス 1        日本製紙クレインズ 2
     コクド 3
     アニャンハルラ 1
 コクド 3      コクド 3  
 日光神戸アイスバックス 0  

表彰[編集]

最優秀選手[編集]

部門 受賞者 所属
最優秀選手 菊地尚哉 コクド

ベスト6[編集]

部門 受賞者 所属
ベストプレイメイクFW デレク・プラント 日本製紙クレインズ
ベストオフェンシブFW 宋東桓 アニャンハルラ
ベストディフェンシブFW 藤田キヨシ コクド
ベストオフェンシブDF 伊藤賢吾 日本製紙クレインズ
ベストディフェンシブDF ヤロスラフ・ネドベド アニャンハルラ
ベストGK 二瓶次郎 日本製紙クレインズ

個人タイトル[編集]

部門 受賞者 チーム 成績
最多得点 宋東桓 アニャンハルラ 31
最多アシスト デレク・プラント 日本製紙クレインズ 47
最多ポイント デレク・プラント 日本製紙クレインズ 75
最優秀防御率GK 二瓶次郎 日本製紙 1.65

その他[編集]

部門 受賞者 所属
ヤングガイ・オブ・ザ・イヤー 西脇雅仁 日本製紙クレインズ
最優秀監督 岩崎伸一 コクド
ベストレフリー 川村一彦 東京
ホッケータウンインアジア 安養市

出典[編集]

関連項目[編集]