アジアヒキガエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アジアヒキガエル
Bufo gargarizans profile.jpg
アジアヒキガエル
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 両生綱 Amphibia
: 無尾目 Anura
亜目 : カエル亜目 Neobatrachia
: ヒキガエル科 Bufonidae
: ヒキガエル属 Bufo
: アジアヒキガエル B. gargarizans
学名
Bufo gargarizans
Cantor, 1842
和名
アジアヒキガエル
英名
Asiatic toad

アジアヒキガエル(亜細亜蟇蛙、Bufo gargarizans)は、両生綱無尾目ヒキガエル科ヒキガエル属に分類されるカエル。未判定外来生物。(亜種ミヤコヒキガエルを除く)

分布[編集]

大韓民国朝鮮民主主義人民共和国中国東部、ロシア南東部。

  • B. g. miyakonis ミヤコヒキガエル

日本伊良部島宮古島固有亜種沖縄島北部、北大東島南大東島に移入。

他亜種の分布からかけ離れていて、かつ、山地がなく面積が狭い伊良部島、宮古島のみに生息する亜種ミヤコヒキガエルは過去に人為的に移入されたという説があった。しかし宮古島から化石が発見されたため、現在は在来種とされている。

形態[編集]

体長6-12cm。日本に分布するヒキガエルでは最小種。体形は太め。皮膚には発達したイボがあり、耳腺は大きい。外敵に掴まれる等の刺激を受けると、耳腺やイボから乳白色の毒物を分泌する。体色には変異があり赤、オレンジ、黄、褐色等がある。

亜種[編集]

ミヤコヒキガエル(鳥羽水族館
  • Bufo gargarizans gargarizans Cantor, 1842 チュウカヒキガエル
  • Bufo gargarizans miyakonis Okada, 1931 ミヤコヒキガエル Miyako toad
  • Bufo gargarizans popei Matsui, 1986

生態[編集]

草原森林、耕作地、民家近く、都市部等幅広い環境に生息する。ミヤコヒキガエルはサトウキビ畑でよく見かけられる。陸棲で繁殖期以外に積極的に水場に近づくことはない。夜行性で、昼間は石や倒木の下等で休む。

食性は肉食性で昆虫類節足動物甲殻類、陸棲の貝類ミミズ、小型爬虫類等を食べる。素早く舌をのばして獲物を捕らえ飲みこむ。

繁殖形態は卵生で、ミヤコヒキガエルでは9月から翌年の3月にかけての水草や石の下等に長いひも状の寒天質に包まれた最大14,000個もの卵を産む。

保護の現状[編集]

種全体:LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 LC.svg
B. g. miyakonis ミヤコヒキガエル
準絶滅危惧(NT)環境省レッドリスト
Status jenv NT.png

人間との関係[編集]

民家近くや都市部で見かけることもあり、生息地では人間に身近なカエルだと思われる。

本種の皮膚から分泌される毒物を乾燥させ、蟾酥という生薬劇物)として用いることもある。

亜種ミヤコヒキガエルはサトウキビ畑の害虫駆除のために北大東島南大東島に移入された。しかしオオヒキガエルと同じく昆虫等の小型固有種を捕食し、生態系のバランスを崩してしまうことが懸念されている。

ペットとして飼育されることもあり、日本にも輸入されていた。しかし2005年外来生物法によりヒキガエル属が数種を除いて未判定外来生物に指定されたため、2007年現在本種を含むヒキガエル属の日本国内での流通はほぼない。

中国では標準名で「中華蟾蜍」、一般には「癩蛤蟆(làiháma ライハーマ)」と呼ばれて卑近な種であり、この種をモデルに青蛙神と呼ばれる、後ろ脚が1本の怪物が伝えられ、金運をもたらす縁起物として各種意匠や工芸品に用いられている。一方で、北京にある巨大なヒキガエルのオブジェが、江沢民国家主席に似ていることから、中国のインターネットでは、ヒキガエルという単語が検閲の対象となっている[1]

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

  • Kuzmin, S., Yuezhao, W., Matsui, M., Kaneko, Y. & Maslova, I. 2004. Bufo gargarizans. In: IUCN 2006. 2006 IUCN Red List of Threatened Species