アジアハイウェイ1号線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アジアハイウェイ

Tabliczka AH1.svg

AH-1
アジアハイウェイ1号線
地図
AH1 Route Map.svg
路線延長 20,557 km[1]
制定年 1959年
起点 日本の旗 日本 東京都中央区
首都高速都心環状線江戸橋JCT (日本橋付近)[2]
主な経由国 韓国の旗 韓国
朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
ベトナムの旗 ベトナム
カンボジアの旗 カンボジア
タイ王国の旗 タイ
ミャンマーの旗 ミャンマー
バングラデシュの旗 バングラデシュ
インドの旗 インド
パキスタンの旗 パキスタン
アフガニスタンの旗 アフガニスタン
イランの旗 イラン
終点 トルコの旗 トルコ エディルネ県カプクレ
(トルコ/ブルガリア国境)
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
東京日本橋のAH1号線の起点にあるAH1の標識

AH1 アジアハイウェイ1号線 (アジアハイウェイ1ごうせん)は、アジアハイウェイの路線の一つである。総延長は20,557km[1]で、アジアハイウェイの中で最も長い路線である。日本東京を起点とし、韓国朝鮮民主主義人民共和国中国ベトナムカンボジアタイミャンマーインドバングラデシュインドパキスタンアフガニスタンイランを経由してトルコブルガリアとの国境付近の終点に至る。トルコ国内では欧州自動車道路E80号線と重複しており、このE80がブルガリア国内に接続している。

経路[編集]

日本[編集]

日本の旗 日本国内の区間は1,108km[3]で、2003年11月にAH-1に編入された[1]。国内のルートは以下の通り(括弧内はセクション番号)[2]

福岡からは、博多港国際ターミナルから出ているフェリーで韓国・釜山広域市に達する。この区間を通る日韓トンネルの構想があるが、実現の見通しは立っていない。

大韓民国[編集]

京釜高速道路清州IC-木川IC間にあるAH1を示す標識

韓国の旗 韓国内の区間は全長500km[1]

板門店で北朝鮮の道路とつながるが、実際に板門店を越えて走行することは基本的に出来ない。

朝鮮民主主義人民共和国[編集]

平壌-開城高速道路

平壌-開城高速道路を経由。朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国国内区間の全長は405km[1]

板門店 - 開城市 - 平壌直轄市 - 新義州市

中華人民共和国[編集]

中華人民共和国の旗 中華人民共和国国内区間の全長は4,283km[1]

一般国道[編集]

高速道路[編集]

北京近郊にある杜家坎本線料金所付近の京港澳高速道路

ベトナム[編集]

国道1A号線の119kmポスト。バクザン省バクザン市附近
国道1A号線フエ郊外

ベトナムの旗 ベトナム国内区間の全長は2,063km[1]

カンボジア[編集]

プノンペンのモニボン橋英語版

カンボジアの旗 カンボジア国内区間の全長は575km[1]

タイ王国[編集]

タイ王国の旗 タイ国内区間の全長は701km[1]

AH1号線の一部であるタイ・ミャンマー友好橋

ミャンマー連邦[編集]

ミャンマーの旗 ミャンマー国内区間の全長は1,650km[1]

インド[編集]

インドの旗 インド国内区間の全長は2,648km[1]

バングラデシュ[編集]

バングラデシュの旗 バングラデシュ国内区間の全長は508km[1]

インド[編集]

ドゥルガプル附近の国道2号線

パキスタン[編集]

カイバル峠のアフガニスタン側。奥に見える平地はパキスタン

パキスタンの旗 パキスタン国内区間の全長は607km[1]

アフガニスタン[編集]

アフガニスタンの旗 アフガニスタン国内区間の全長は1,400km[1]

イラン[編集]

テヘラン近郊の高速道路

イランの旗 イラン国内区間の全長は2,103km[1]

トルコ[編集]

アジアハイウェイ1号線終点のトルコ・ブルガリア国境

トルコの旗 トルコ国内区間の全長は1,915km[1]

トルコ国内のアジアハイウェイ1号線は欧州自動車道路E80号線にも指定されている。E80はヨーロッパ南部を横断してポルトガルリスボンに至る路線である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Asian Highway Handbook (PDF)”. UNESCAP (2003年). 2012年5月11日閲覧。
  2. ^ a b アジアハイウェイ標識の設置場所”. 国土交通省道路局. 2012年5月11日閲覧。
  3. ^ 国別AH概要 > 日本 (Japan) - アジアハイウェイ路線とその現状”. 国土交通省総合政策局. 2012年5月11日閲覧。