アシュリー・マッケンジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル

アシュリー・マッケンジー
イギリスの旗 イギリス
男子 柔道
ヨーロッパ選手権
2013 ブダペスト 60kg級

アシュリー・マッケンジー(Ashley McKenzie 1989年7月17日- )はイギリスロンドン出身の柔道選手。階級は60kg級。身長162cm[1]。段位は弐段。趣味はサッカーをしたり観戦することだが、憧れの選手はボクサーフロイド・メイウェザー・ジュニアだという[2]

人物[編集]

小さい頃にはADHDと診断されて特別支援学校に通っていたこともあった[3]。11歳の時には「攻撃的な性格」であるとして学校を追放されて、矯正施設にも入れられた。またその頃、最も大切にしていたポケットモンスターのカード(リザードン)をある男児に奪われて、取り戻そうとしたところ何度も大外刈で投げられた。インターネットで調べた結果、相手が柔道の技を使っていたことを知ると、地元の柔道クラブを訪ねて見た。するとそこにはカードを奪った男児がいた。話をしているうちに友達となり、カードを返してもらった。さらにそれがきっかけで柔道も始めることになった[2][4][5][6]

2005年にはヨーロッパカデ選手権50kg級で3位になると、2007年にはヨーロッパジュニア60kg級でも3位となった。2009年には世界選手権に出場するが、初戦でウクライナのゲオルグリー・ザンタラヤに敗れた。2010年の世界選手権では3回戦でハンガリーの選手に敗れた。U23ヨーロッパ柔道選手権大会では優勝を飾った。2011年にはワールドカップ・ワルシャワワールドカップ・リバプールで優勝を飾るが、世界選手権では3回戦で山本浩史に指導2で敗れた。2012年には地元で開催されたロンドンオリンピックに出場を果たすが、初戦で平岡拓晃背負投で敗れた[1]。 その後、イギリスで非常に人気のあるセレブレティー・ビッグブラザー10というリアリティ番組に出演したことで再び注目を集めることになった[6]。2013年はヨーロッパ選手権で3位となるが、世界選手権では初戦でブルガリアの選手に敗れた。

IJF世界ランキングは942ポイント獲得で10位(14/2/2現在)。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]