アシュダウン・エンジニアリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アシュダウン・エンジニアリングAshdown Engineering )はイギリスアンプ (楽器用)製造会社で、ベースを中心に、最近はギターアンプ市場にも参入している。会社設立は1997年で、栄光時代のTrace Elliotでのチーフエンジニア・マネージャの1人、マーク・グッデイ(Mark Gooday )によって創設。グッデイは自身の会社を始めて、頑丈で良い音を出す、一般に手の届く価格のベースアンプリファイアを提供したいと考えた。会社はグッデイの後の妻の姓から'アシュダウン'と名付けられ、ロゴはこの名と、Austin-Healeyモーターの印、マークによる'エンジニアリング'という単語の強調で構成された。

アシュダウンが送り出した最初のアンプリファイアはKlystron Bass Magnifierという名で、200アンプと100プレアンプに限定して出荷されたが、他の企業によってこの名前は商標登録されていた。これに続き、MAGとElectric Blue、ABMシリーズといった、現在多量に利用できる機器がリリースされた。さらにこれに続き、Acoustic RadiatorPeacemakerFallen Angel、最近ではAll-Accessシリーズといったギターアンプがリリースされており、大きな賞賛を得ている。

アシュダウンはEssex Blondeなど、高品質の小型ハンドワイアリング・アンプの提供を目的としている。アシュダウンが分割設置したヘイデン・アンプリフィケーションと呼ばれる企業は、ハンドワイアリング・アンプの仕様提供を行っている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]