アザラシ肢症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
左腕に異常がある20歳女性の写真

アザラシ肢症(アザラシししょう、phocomelia)とは、特徴的な四肢の長骨がない、または短く、手または足が直接胴体についているため、アザラシのように見えることから名付けられた先天性疾患の1つ。

その他、内臓の配置異常等の広範囲の異常を引き起こしているものもある。原因としてはさまざまなものがあると考えられるが、1950年代後半(日本では1960年代前半)に大量発症した事例は、サリドマイドによる薬害が指摘されている。極端な場合は、無肢症とも呼ばれる。

原因[編集]

サリドマイドによる大量発症[編集]

1950年代後半から1960年代前半に大量発症した事例は、抗てんかん薬として使用されていたサリドマイドが、つわり不眠症の治療薬として用いられていたが、妊婦妊娠初期に服用することによる副作用である催奇性により、胎児に影響が出たものとされている。[1] [2]

その他の原因[編集]

当先天性疾患は、サリドマイドの発明以前から報告がなされているが、サリドマイド以外の原因についてはいまだ解明されていない。

アザラシ肢症を取り扱った作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献[1] 日本臨床血液学会 医薬品等適正使用評価委員会,多発性骨髄腫に対する サリドマイドの適正使用ガイドライン,p5-6
  2. ^ 参考文献[2]医学用語辞典