アサード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルゼンチンのアサード。

アサードスペイン語: asado)とは、パラグアイウルグアイアルゼンチンで食される、焼肉料理である。アサードはスペイン語で「焼かれたもの」を意味する[1]

19世紀後半にガウチョの食文化が都市に伝播して生まれた。味付けは基本的に塩のみだが、チミチュリと呼ばれるタレに浸す場合もある[2]。家族や友人、親戚を招いて食べるのが基本であり、アルゼンチン社会においてアサードは人々の交流を深めるための役割を果たしている。

脚註[編集]

  1. ^ 山本紀夫『世界の食文化 13 中南米』農山漁村文化協会、2007年 p.197
  2. ^ 山本紀夫『世界の食文化 13 中南米』農山漁村文化協会、2007年 p.197

参考文献[編集]

  • 山本紀夫編『世界の食文化 13 中南米』農山漁村文化協会、2007年。
    • 松下洋「アルゼンチン」『世界の食文化 13 中南米』農山漁村文化協会、2007年。