アゴスティーノ・バルバリーゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゴスティーノ・バルバリーゴ、ジョヴァンニ・ベッリーニ

アゴスティーノ・バルバリーゴと呼ばれる人物には下記がある。

  1. ヴェネツィアの元首
  2. レパント海戦の指揮官のひとり

アゴスティーノ・バルバリーゴ (Agostino Barbarigo、1420年 - 1501年)は、ヴェネツィアの元首(ドージェ)(在任:1486年-1501年)。

73代元首マルコ・バルバリーゴの弟にあたる。

オスマン帝国スルターンバヤズィト2世と友好関係にあったが、バヤズィトの西欧嫌いから1492年頃から悪化し、1499年から戦争状態となった。イスタンブルにいるヴェネツィア商人が身柄を拘束され、ヴェネツィアにほど近いボスニアへトルコ軍が侵攻した。トルコ軍はヴェネツィア支配下にあるダルマティアに兵を進め、ザダルに到達した。ゾンチーノの戦いで共和国は敗退し、レパントでの拠点を失った。

4年の戦争ののち停戦し、ヴェネツィアの海外中継地は、モレアナフプリオなど限られたギリシャの諸都市にのみ限られるようになった。


ヴェネツィア共和国海軍参謀長アゴスティーノ・バルバリーゴ

アゴスティーノ・バルバリーゴ(Agostino Barbarigo、生年不詳 - 1571年)は、ヴェネツィアの名門・バルバリーゴ家出身の指揮官。

神聖同盟軍の左翼の総指揮をとる。ヴェネツィア艦隊総司令官セバスティアーノ・ヴェニエルの補佐役として、副司令官(プロベディトーレ・ジュネラーレ=参謀長)の立場にあった。1571年、レパントの海戦において左翼の総司令官としてマホメット・シャルーク(シロッコ)率いるトルコ艦隊右翼との戦闘中、右目に重傷を負い三日後に亡くなった。

塩野七生の小説「レパントの海戦」の主人公として描かれた人物である。

関連項目[編集]

執筆の途中です この「アゴスティーノ・バルバリーゴ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア