アコウ (植物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アコウ
Ficus superba var. japonica by OpenCage.jpg
国営明石海峡公園にて
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: イラクサ目 Urticales
: クワ科 Moraceae
: イチジク属 Ficus
: F. superba
変種 : アコウ var. japonica
学名
Ficus superba (Miq.) Miq. var. japonica Miq.
シノニム

Ficus wightiana

和名
アコウ、アコギ、アコミズキ

アコウ(榕、赤榕、赤秀、雀榕、学名Ficus superba (Miq.) Miq. var. japonica Miq.)は、クワ科の半常緑高木F. superba の変種 var. japonica とされているが[1][2][3]Ficus subpisocarpa Gagnep.とする説もある[4]

特徴[編集]

樹高は約10 - 20m。樹皮はきめ細かい。幹は分岐が多く、枝や幹から多数の気根を垂らし、露頭などに張り付く。新芽は成長につれ色が赤などに変化し美しい。葉は互生し、やや細長い楕円形でなめらかでつやはあまりなく、やや大ぶりで約10 - 15cm程である。年に数回、新芽を出す前に短期間落葉する。ただし、その時期は一定ではなく、同じ個体でも枝ごとに時期が異なる場合もある。

5月頃、イチジクに似た形状の小型の隠頭花序を、幹や枝から直接出た短い柄に付ける(幹生花)。果実は熟すと食用になる。

アコウの種子鳥類によって散布されるが、その種子がアカギヤシなどの樹木の上に運ばれ発芽して着生し、成長すると気根で親樹を覆い尽くし、枯らしてしまうこともある。そのため絞め殺しの木とも呼ばれる。これは樹高の高い熱帯雨林などで素早くの当たる環境(樹冠)を獲得するための特性である。琉球諸島では、他の植物が生育しにくい石灰岩地の岩場や露頭に、気根を利用して着生し生育している[5]

分布[編集]

日本では、紀伊半島及び山口県四国南部、九州南西諸島などの温暖な地方に自生する。日本国外では台湾中国南部東南アジアなどに分布している。

生育環境[編集]

主な低地に生育し、琉球諸島では石灰岩地にも生育する。

利用[編集]

防風樹、防潮樹、街路樹として利用される。沖縄県鹿児島県奄美群島では、屋敷林にも利用される。日本では国の天然記念物に指定されている巨樹、古木も多い。

また、ガジュマルに比べると耐寒性が高いという特性を活かし、観葉植物としても用いられる。

保護上の位置づけ[編集]

日本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐竹義輔ら編集 『日本の野生植物 木本 I』 平凡社、1989、90頁、ISBN 978-4-582-53504-4
  2. ^ 初島住彦・天野鉄夫 『増補訂正 琉球植物目録』 沖縄生物学会、1994年、36頁、ISBN 4-900804-02-9
  3. ^ 島袋敬一編著 『琉球列島維管束植物集覧【改訂版】』 九州大学出版会、1997年、128頁、ISBN 4-87378-522-7
  4. ^ 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  5. ^ 土屋誠・宮城康一編 『南の島の自然観察』 東海大学出版会、1991年、100-101頁、ISBN 4-486-01159-7

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

アコウ:植物園にようこそ