アゲリフェリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アゲリフェリン
識別情報
CAS登録番号 117417-64-8
PubChem 11169518
ChemSpider 9344613
日化辞番号 J594.468F
ChEMBL CHEMBL502866
特性
化学式 C22H24Br2N10O2
モル質量 620.3 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

アゲリフェリン(ageliferin)は、ある種の海綿によって生産される有機化合物のひとつである。カリブで初めてアゲラス属(Agelas)海綿から単離され[1][2]、後に沖縄産海綿からも単離された[3]。アゲリフェリンは、しばしば類縁体のセプトリン(sceptrin)などと共に存在している(Agelas clathrodes英語版およびAgelas conifera英語版を参照)。抗菌作用を有しており、バイオフィルムを溶解させることができる[4]

脚注[編集]

  1. ^ Rinehart, Kenneth L; Holt, Tom G.; Fregeau, Nancy L.; Keifer, Paul A.; et al. (1990). “Bioactive Compounds from Aquatic and Terrestrial Sources”. J. Nat. Prod. 53 (4): 771–792. doi:10.1021/np50070a001. 
  2. ^ Keifer, Paul A.; Schwartz, Robert E.; Koker, Moustapha E.S.; Hughes, Robert G., Jr.; Rittschoff, Dan; Rinehart, Kenneth L. (1991). “Bioactive Bromopyrrole Metabolites from the Caribbean Sponge Agelas conifera”. J. Org. Chem. 56 (9): 2965–75. doi:10.1021/jo00009a008. 
  3. ^ Kobayashi, J.; Tsuda, M.; Murayama, T.; Nakamura, H.; Ohizumi, Y.; Ishibashi, M.; Iwamura, M.; Ohta, T.; Nozoe, S. (1990). “Ageliferins, potent actomyosin ATPase activators from the Okinawan marine sponge Agelas sp”. Tetrahedron 46 (16): 5579–86. doi:10.1016/S0040-4020(01)87756-5. 
  4. ^ Laura Sanders (2009). “Sponge’s secret weapon restores antibiotics’ power: Bacteria treated with compound lose their resistance”. Science News 175 (6): 16. http://www.sciencenews.org/view/generic/id/40894/title/Sponge%27s_secret_weapon_restores_antibiotics%27_power.