アケビドコロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アケビドコロ
Starr 030807-0029 Dioscorea pentaphylla.jpg
アケビドコロ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 単子葉植物綱 Liliopsida
: ユリ目 Liliales
: ヤマノイモ科 Dioscoreaceae
: ヤマノイモ属 Dioscorea
学名
Dioscorea pentaphylla
和名
アケビドコロ、ゴヨウドコロ
英名
fiveleaf yam

アケビドコロ、またはゴヨウドコロは、ヤムイモの一種。学名Dioscorea pentaphylla。英語名はfiveleaf yamである。原産地は熱帯アジアから東部ポリネシアであり、それ以外の土地では外来種として持ち込まれた。

アケビドコロはつる性植物で、他の植物に反時計回りで絡みつき成長する。つるの長さは10mにも達する。葉は交互につき、3つから5つに切れ込みが入っており、最大で10cmに達する。1cm程度の馬蹄形の球根ができ、そこから新しい芽が伸びる。つるは塊茎から成長する。

塊茎には毒があるものの煮れば毒が消え、食用とすることができる.[1]

日本では沖縄県北部に分布するが、現在沖縄県版レッドデータブックにて絶滅危惧IA類に指定され危急種となっている.[2]

脚注[編集]

  1. ^ Dioscorea pentaphylla. University of Michigan Ethnobotany.
  2. ^ 琉球大学資料館 風樹館