アグー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アグーとは沖縄県琉球在来豚を原種としたブランド豚、ラードタイプの産業種。島豚(しまぶた、琉球方言:シマウヮー)とも言う。

概要[編集]

中国から渡来したとされる豚を起源とする一品種である。通説では琉球で豚が飼育されるようになったのは14世紀末に当時のから」琉球へ中国系の豚が伝来したのが起源とされているが、近年伊江島の具志川貝塚(弥生時代後期)から豚の骨が発掘されており当時から琉球では豚が飼育されていたことが明らかとなっている。それゆえ、アグーがいずれの系統につながるものなのか正確な起源は不明である。アグーという名称は、粟国島に由来するのではないかとする説がある。

毛は全身黒色で体質強健、資性温和で粗食にも耐えるが産子数は4、5頭と少ない。また小型で脂身が多いため、一頭から取れる肉の量も少ない。明治以降、西洋種であるバークシャー種と交配させて若干の改良が図られたが成豚になっても体重は100キロ・グラム前後と小型で、原種の特徴をよく残している(バークシャー種やランドレース種等、代表的な外来種は通常200 - 300キロ・グラム以上の体重になる)。

昔は奄美を含む琉球の農家で広く飼育されていたが産子数が少なく発育速度も遅いため、戦後は収益性の高い外来種の飼育におされて、戦前に10万頭いたものが戦後、一時30頭近くまで減少して絶滅寸前となった。1981年より名護博物館館長の島袋正敏によって保存が唱えられ、北部農林高校教諭の太田朝憲がこれに協力した結果絶滅を免れた。戻し交配法によって選別を進めるなどして、現在頭数は600頭以上まで回復している。現在は沖縄県畜産研究センターを中心に保存が進められている。

肉質は柔らかく臭みが少ない。赤身の部分が少なく脂肪が多いが、外来種と比べてコレステロール値は4分の1と低い。また、うま味成分であるグルタミン酸などアミノ酸成分も多い。現在は、外来種との交配種が各種ブランド豚として売り出されている。

日本本土の在来豚はほぼ絶滅しており(例えば、かごしま黒豚はバークシャー種)、外来種の影響をあまり受けなかったアグーは観光資源としても貴重で近年では沖縄県も宣伝普及に力を入れている。

「あぐー」と「アグー」[編集]

食用豚肉としてひらがなで表記される「あぐー」は沖縄県農業協同組合の登録商標で、琉球在来豚「アグー」の血を50パーセント以上有する豚肉と定められている[1][2]。このため、上記の定義を満たした豚肉であってもJAと商標使用許諾契約を締結していない事業者は「あぐー」はもちろん「アグー」「AGU」などの名称も使用することはできない。しかし実際には「あぐー」として流通している「アグーブランド豚」(アグーの血は50パーセント以上)よりもアグーの血の濃い交配豚やアグー同士の交配による純血アグーの肉を生産する農家は存在しており、「あぐー」というブランドのあり方について疑問を呈する声もある。

参考文献[編集]

  • 『沖縄大百科事典(中)』、沖縄タイムス社、1983年
  • 『いのちドラマチック』、木楽舎、2011年

脚注[編集]

  1. ^ JAおきなわ あぐー豚肉
  2. ^ 沖縄県アグーブランド豚推進協議会

関連項目[編集]

外部リンク[編集]