アグリコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アグリコン(Aglycone)は、配糖体グリコシル基水素原子に置換された後に残る非糖部分である。

例えば、強心配糖体のアグリコンは、ステロイド分子である。

フィトケミカルは、配糖体とアグリコンの形で見られる。

出典[編集]

  • IUPAC Compendium of Chemical Terminology 2nd Edition (1997) 1995, 67, 1312

関連項目[編集]