アグラレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アグラレ
Agrale S.A.
種類 株式会社
本社所在地 ブラジルの旗 ブラジル
カシアス・ド・スル
設立 1962年 - カシアス・ド・スル
業種 輸送用機器
事業内容 軍用車、商用車の製造
外部リンク http://www.agrale.com/
テンプレートを表示

アグラレAgrale)は、ブラジルに本拠地を置くトラックなどの商用車や軍用車、農業用トラクター、エンジンを製造するメーカーである。かつてはオートバイスクーターも製造していた。

歴史[編集]

1962年Industria Gaucha de Agricolas S.A.(AGRISA)の名で二輪小型トラクターの生産を始める。1965年Francisco Stedile Groupのグループ企業となり、カシアス・ド・スルに本社を移転する。1965年に四輪小型トラクターと1気筒ディーゼルエンジン、2気筒ディーゼルエンジンの製造を始める。1982年に最初のトラック、TX1100の開発を行う。1983年にアルピナの企業となった後、カジバの技術協力、経済協力を受け、原付メーカーとなり、モペットやオートバイの製造も始める。それ以降、マナウスに生産拠点を移す。

1988年にドイツのトラクターメーカーであるドゥーツと契約しブラジル向けのトラクターとアルゼンチン向けのトラックの生産を始める。1997年チェコのトラクターメーカーであるゼトールやアメリカのトラックメーカー、ナビスター・インターナショナルと契約しこれらの国をターゲットに中型トラクターとナビスタートラックの製造を始める。1998年にはナビスタートラックの組み立てを始める。また、バスメーカーのマルコポーロと契約し、バスのシャーシを生産する。2002年にコロンビア工場でバスのシャーシを製造する。2003年にロンバードの協力で世界最大のディーゼルエンジンメーカーとなり、ブラジルにおけるロンバードの製品の修理と販売を行っている。2006年MVアグスタ(カジバの親会社)との提携を解消し、二輪部門を同社に売却した。

外部リンク[編集]