アグノスティック・フロント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アグノスティック・フロント (Agnostic Front) は、1982年アメリカニューヨークで結成されたハードコア・パンクバンドであり、1980年代のニューヨーク・ハードコア・シーンに多大な影響を及ぼした。

略歴[編集]

1982年にギタリストのヴィニー・スティグマを中心に結成され、1983年にシングル『United Blood』でデビュー。 1984年には1stアルバム『Victim in Pain』をリリース、後にニューヨーク・ハードコア・スタイルと呼ばれる音楽スタイルを確立する。

1986年に2ndアルバム『Cause for Alarm』、1987年に3rdアルバム『Liberty and Justice for...』を発表した後、ボーカリストのロジャー・ミレットがドラッグ密売で逮捕され、一時活動停止状態となる。 1992年に『One Voice』をリリースし活動を再開するものの、1993年に一旦解散する。

1996年に再結成し、エピタフレコードと契約。1998年に『サムシングス・ガッタ・ギヴ - Something's Gotta Give - 』、1999年に『ライオット、ライオット、アップスタート - Riot, Riot, Upstart - 』をリリースするなど、精力的に活動を行っている。

2006年3月にはDVD『Live at CBGB』をリリースした。

メンバー[編集]

現在のメンバー[編集]

  • ロジャー・ミレット (Roger Miret) (Vo)
  • ヴィニー・スティグマ (Vinnie Stigma) (G)
  • Joe James (G)
  • Mike Gallo (B)
  • Steve Gallo (Dr)

元メンバー[編集]

  • Louie Beatto (Dr)
  • Ray Beez (Dr)
  • Jim Colletti (Dr)
  • Lenny Di Sclafani (G)
  • Matt Henderson (G)
  • Dave Jones (Dr)
  • Rob Kabula (B)
  • Alex Kinon (G)
  • Steve Martin (G)
  • Adam Moochie (B)
  • Alan Peters (B)
  • Craig Setari (B)
  • Will Shepler (Dr)

ディスコグラフィ[編集]

アルバム/EP[編集]

  • United Blood (EP) (1983)
  • Victim in Pain (1984)
  • Cause for Alarm (1986)
  • Liberty and Justice for... (1987)
  • ライヴ・アットCBGB - Live at CBGB (1989)
  • One Voice (1992)
  • Last Warning (1993)
  • Raw Unleashed (1995)
  • サムシングス・ガッタ・ギヴ - Something's Gotta Give (1998)
  • ライオット、ライオット、アップスタート - Riot, Riot, Upstart (1999)
  • Dead Yuppies (2001)
  • Working Class Heroes (2002)
  • Another Voice (2004)
  • Live at CBGB - 25 Years of Blood, Honor and Truth (2006)
  • My Life My Way (2011)

ビデオ (DVD/VHS)[編集]

  • Live at CBGB's DVD 2006

外部リンク[編集]