アクリフラビン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アクリフラビン
アクリフラビンの構造式
IUPAC名 10-methylacridin-10-ium-3,6-diamine
分子式 C14H14N3+
分子量 224.28106
CAS登録番号 [8063-24-9]

アクリフラビン(: acriflavine)とは局所消毒薬の1つ。アクリフラビンはオレンジ色あるいは茶色の粉末である。アクリフラビンは眼や吸入において有害である。アクリフラビンは色素であり、皮膚を染色し、また、刺激を与えることがある。市販薬はよくプロフラビンと混合されている。市販薬として種々の名称がある。

アクリフラビンはドイツの医学研究者パウル・エールリヒによって1912年に発見され、第一次世界大戦中に睡眠病に対して使用された。アクリフラビンはアクリジンから分離された。塩酸塩の形態では基本形よりも刺激性が増す。

アクリフラビンはまた観賞魚の外部真菌症の治療に使用される。

豚丹毒ワクチンとしてアクリフラビン耐性弱毒生ワクチンが存在する。

参考文献[編集]