アクセンチュア・マッチプレー選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Golf pictogram.svgWGCアクセンチュア・マッチプレー選手権
Nuvola apps kolf.svg 大会情報
開催地 アリゾナ州
創設 1999
開催コース ザ・ゴルフクラブ・アット・ダブマウンテン
基準打数 72
ヤーデージ 7,791ヤード
ツアー PGAツアー
欧州PGAツアー
日本ゴルフツアー
競技方法 マッチプレー
賞金総額 9,000,000米ドル
開催月 2月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
スコア 8 & 7 タイガー・ウッズ (2008年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
ジェイソン・デイ
テンプレートを表示
世界ゴルフ選手権
マッチプレー選手権
キャデラック選手権
ブリヂストン招待
HSBCチャンピオンズ
ワールドカップ

アクセンチュア・マッチプレー選手権(WGC-Accenture Match Play Championship)は、1999年に創設された世界ゴルフ選手権シリーズの第1戦として、毎年2月最終週に開かれるゴルフの大会である。スポンサーはコンサルティング会社のアクセンチュアが務める。

会場は2006年まで、アメリカカリフォルニア州カールスバッドにある「ラコスタ・リゾート・アンド・スパ」で行われてきた。2007年と2008年はアリゾナ州ツーソン郊外にあるザ・ギャラリー・アット・ドーブマウンテンのサウス・コースで行われ、2009年の会場はアリゾナ州マラナにある「リッツ・カールトン・ゴルフクラブ」になった。

出場資格は「世界ランキング64位以内」の選手で、1回戦からマッチプレー方式の勝ち抜き戦で行われる。そのため、有資格者に欠場があった場合は繰り上げがあり、その繰り上げ選手も(世界ランキングにより)順番が定められている。「マッチプレーでは何が起こるか分からない」とよく言われるが、トーナメントの展開は毎回波乱に富み、上位シード選手がほとんど早期敗退することも珍しくない。それだけに、上位進出の常連選手たちは“マッチプレー巧者”とみなされる。

2001年の大会では、オーストラリアで1月3日から7日に開催されたことから、出場資格選手のほぼ半数が辞退するという異常事態が生じた。(新年休暇を楽しむ時期であり、1月第2週から前年度のPGAツアー優勝者のみが参加できる「メルセデス選手権」が控えているため、彼らにとっては無謀だという意味である。)そのため、2002年からは元の会場であるロサンゼルスの「ラコスタ・リゾート・アンド・スパ」に戻り、2006年までこの会場で開かれてきた。

優勝者には、1924年から1927年に(当時はマッチプレー方式の)全米プロゴルフ選手権で4連覇を達成したウォルター・ヘーゲンにちなんだ「ウォルター・ヘーゲン・カップ」が贈呈される。

1994年から1996年までマッチプレー方式の「全米アマチュア選手権」に3連覇していたタイガー・ウッズでも、このアクセンチュア・マッチプレー選手権のタイトルは遠い道のりだった。2000年の大会では決勝でダレン・クラークに敗れて準優勝になり、2002年には1回戦敗退もある。それだけに、2003年の大会初優勝には重みがあった。続く2004年に大会連覇を達成しているが、2005年は2回戦敗退で終わり、3連覇はならなかった。

競技日程は5日間で、以下のように試合が進められる。勝ち進む選手たちには、とりわけ持久力が要求される長丁場になる。

  • 第1日(水曜日) 1回戦(18ホール、32試合)
  • 第2日(木曜日) 2回戦(18ホール、16試合)
  • 第3日(金曜日) 3回戦(18ホール、8試合)
  • 第4日(土曜日) 午前:準々決勝(18ホール、4試合)
  • 第5日(日曜日) 午前:準決勝(18ホール、2試合)→午後:決勝・3位決定戦

歴代決勝戦結果[編集]

優勝者 国・地域 シード ランク 準優勝者 シード ランク スコア 優勝賞金($) 賞金総額($)
WGC-Accenture Match Play Championship
2014年 ジェイソン・デイ オーストラリアの旗 オーストラリア 8 11 フランスの旗 ビクトル・デュビッソン 27 30 23 holes 1,530,000 9,000,000
2013年 マット・クーチャー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 21 23 アメリカ合衆国の旗 ハンター・メイハン 23 25 2 & 1 1,500,000 8,750,000
2012年 ハンター・メイハン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 21 22 北アイルランドの旗 ローリー・マキロイ 2 2 2 & 1 1,400,000 8,500,000
2011年 ルーク・ドナルド イングランドの旗 イングランド 9 9 ドイツの旗 マルティン・カイマー 2 2 3 & 2 1,400,000 8,500,000
2010年 イアン・ポールター イングランドの旗 イングランド 9 11 イングランドの旗 ポール・ケーシー 6 8 4 & 2 1,400,000 8,500,000
2009年 ジェフ・オギルビー (2) オーストラリアの旗 オーストラリア 8 8 イングランドの旗 ポール・ケーシー 23 23 4 & 3 1,400,000 8,500,000
2008年 タイガー・ウッズ (3) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 1 アメリカ合衆国の旗 スチュワート・シンク 22 22 8 & 7 1,350,000 8,000,000
2007年 ヘンリク・ステンソン スウェーデンの旗 スウェーデン 9 9 オーストラリアの旗 ジェフ・オギルビー 11 11 2 & 1 1,350,000 8,000,000
2006年 ジェフ・オギルビー オーストラリアの旗 オーストラリア 52 54 アメリカ合衆国の旗 デービス・ラブ3世 23 24 3 & 2 1,300,000 7,500,000
2005年 デビッド・トムズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 14 15 アメリカ合衆国の旗 クリス・ディマルコ 16 17 6 & 5 1,300,000 7,500,000
2004年 タイガー・ウッズ (2) アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 1 アメリカ合衆国の旗 デービス・ラブ3世 3 4 3 & 2 1,200,000 7,000,000
2003年 タイガー・ウッズ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1 1 アメリカ合衆国の旗 デビッド・トムズ 6 7 2 & 1 1,050,000 6,000,000
2002年 ケビン・サザーランド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 62 64 アメリカ合衆国の旗 スコット・マキャロン 45 47 1 up 1,000,000 5,500,000
2001年 スティーブ・ストリッカー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 55 90 スウェーデンの旗 ピエール・フルケ 21 45 2 & 1 1,000,000 5,000,000
WGC-Andersen Consulting Match Play Championship
2000年 ダレン・クラーク 北アイルランドの旗 北アイルランド 19 19 アメリカ合衆国の旗 タイガー・ウッズ 1 1 4 & 3 1,000,000 5,000,000
1999年 ジェフ・マガート アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 24 25 アメリカ合衆国の旗 アンドリュー・マギー 50 51 38 holes 1,000,000 5,000,000

関連項目[編集]

外部リンク[編集]