アクセリ・ガッレン=カッレラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アクセリ・ガッレン=カッレラ
Akseli Gallen-Kallela
生誕 Akseli Gallen-Kallela
1865年4月26日
フィンランド大公国の旗 フィンランド大公国
トゥルク・ポリ州 ポリ
死没 1931年5月7日(満66歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン
ストックホルム県 ストックホルム
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
著名な実績 絵画
運動・動向 ナショナル・ロマンティシズム
写実主義
象徴主義
受賞 レジオンドヌール勲章
『サンポの防衛』(1896年)トゥルク美術館蔵

アクセリ・ガッレン=カッレラ(Akseli Gallen-Kallela, 1865年4月26日 - 1931年5月7日)は、フィンランドで最も有名な画家の1人。同国の国民的叙事詩カレワラ」に関連した絵画を数多く描いたことで知られている。また、同国出身の著名な作曲家ジャン・シベリウスと同年の生まれであり、彼同様、スウェーデン系フィンランド人の出自である。

フィンランド西部の湾岸都市ポリに生まれたアクセリは、11歳になるとヘルシンキグラマースクールに進学し、同時にフィンランド芸術教育の絵画教室に学んだ。

1884年から1889年にかけてパリに遊学した後、フィンランドに帰国。民族意識に目覚め、神話叙事詩カレワラを題材とした絵画を描き始めた。

主な作品[編集]

カレワラ関連[編集]

  • 『アイノの物語』 (The Aino triptych) (1891)
  • 『サンポの鍛造』 (Sammon taonta) (1893)
  • 『サンポの防衛』 (Sammon puolustus) (1896)
  • 『レンミンカイネンの母』Lemminkäinen's Mother (Lemminkäisen äiti)(1897)
  • 『ヨウカハイネンの復讐』Joukahainen's Revenge (1897)
  • 『クッレルヴォの呪い』Kullervo's Curse (Kullervon kirous)(1899)
  • 『ワイナミョイネンの旅立ち』 (Väinämöisen lähtö) (1896-1906)

その他の作品[編集]