アキリーズ (装甲巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Achilles LOC ggbain 17128.jpg
竣工時の「アキリーズ」
艦歴
発注 アームストロング・ホイットワースエルジック造船所
起工 1904年2月22日
進水 1905年6月17日
就役 1907年4月22日
退役
その後 1921年5月9日にスクラップ
クラス名 ウォーリア級装甲巡洋艦
性能諸元
排水量 常備:13,550トン
満載:-トン
全長 154.08m
水線長 146.3m
全幅 22.4m
吃水 7.62m
機関 ヤーロー石炭専焼水管缶19基
+直立式三段膨張型四気筒レシプロ機関2基2軸推進
最大
出力
23,000hp
最大
速力
23.0ノット
航続
距離
-ノット/-海里
燃料 石炭:2,050トン
乗員 700名
兵装 Mk IX 23.4cm(45口径)単装砲6基
Mk II 19.1cm(50口径)単装速射砲4基
7.62cm単装速射砲26基
45cm水中魚雷発射管単装3門
装甲 舷側:152mm(水線部)
主甲板:25mm、下甲板:51~75mm
主砲塔:191mm(前盾)
バーベット部:152mm(最厚部)、76mm(揚弾筒)
司令塔:245mm(最厚部)

アキリーズ (HMS Achilles) はイギリス海軍装甲巡洋艦デューク・オブ・エジンバラ級(またはウォーリア級)。

艦歴[編集]

アキリーズは1903・1904年度の建造計画で4隻の装甲巡洋艦の3隻目として発注された。1904年2月22日にアームストロング・ホイットワース社によりエルジックで起工[1]。1905年6月17日に進水して1907年4月22日に竣工し、建造費は119万1103ポンドであった[2]。ほかの同型艦同様、アキリーズは1907年に第5巡洋艦戦隊に編入され、1908年にはロシアを訪問した[3]。1909年、第2巡洋艦戦隊に転属[4]第一次世界大戦勃発数日前の1914年8月2日に、アキリーズは同型艦のコクランやほか3隻の装甲巡洋艦とともにシェトランド諸島の防衛強化のため派遣された[5]。戦争開始後、アキリーズの属する戦隊はグランドフリートに加わった[3]

アキリーズは1916年5月31日のユトランド沖海戦には修理中であったため参加していない[3]。第2戦艦戦隊を除く大洋艦隊がその日の夜に出撃するだろうという情報が暗号解読により得られたため、8月18日の夕刻グランドフリートの一艦として出撃した。ドイツ軍は8月19日にサンダーランド (イングランド)砲撃を計画しており、飛行船潜水艦による広範囲にわたる偵察もなされた。しかし、ドイツ艦隊は砲撃を中止し、飛行船から報告のあった単独行動中のイギリス戦艦戦隊追跡に向かった。だがそのイギリス軍部隊は実際にはハリッジ部隊であった。そして、間違いに気づくとドイツ艦隊は帰路についた。グランドフリートの出撃中、アキリーズはUボートを発見した[6]。1916年10月18日になされた大洋艦隊の別の出撃の際は、アキリーズはほかの3隻の装甲巡洋艦とともに北海北部、ペントランド湾入り口からノルウェーハルダンゲルフィヨルドの間の海域を哨戒したが、ドイツ艦船と遭遇することは無かった[7]

1917年3月16日、アキリーズと武装臨検船ダンディーはシェトランド諸島北方で哨戒中に偽装したドイツの仮装巡洋艦レオパルトと遭遇した。命じられるとレオパルトは停船したが、ダンディーからの乗り込みは阻止しようと動き、そして2本の魚雷を発射したがそれは外れた。反撃に移ったダンディーはレオパルトの船尾を掃射して大損害を与え、アキリーズも砲撃を開始した。レオパルトは1時間後に沈み、生存者は居なかった[8]。アキリーズは船団護衛に従事するため1917年8月に北アメリカ・西インド艦隊に転属となったが[9]、1918年2月から12月の間はイギリスに戻って改装を受けた。それが完了すると、チャタムで機関員の訓練船となった[4]。アキリーズは1921年5月9日にスクラップとして売却された[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Chesneau and Kolesnik, p. 72
  2. ^ Parkes, p. 444
  3. ^ a b c Gardiner and Gray, p. 13
  4. ^ a b Parkes, p. 447
  5. ^ Corbett, p. 31
  6. ^ Newbolt, IV, p. 42
  7. ^ Newbolt, IV, p. 50
  8. ^ Newbolt, IV, pp. 192–94
  9. ^ Newbolt, V, p. 135
  10. ^ Gardiner and Gray, p. 10

参考文献[編集]

  • 世界の艦船 増刊第46集 イギリス巡洋艦史」(海人社)
  • Chesneau, Roger; Kolesnik, Eugene M., eds (1979). Conway's All the World's Fighting Ships 1860-1905. Greenwich: Conway Maritime Press. ISBN 0-8317-0302-4. 
  • Corbett, Julian. Naval Operations to the Battle of the Falklands. History of the Great War: Based on Official Documents. I (2nd, reprint of the 1938 ed.). London and Nashville, TN: Imperial War Museum and Battery Press. ISBN 0-89839-256-X. 
  • Gardiner, Robert; Gray, Randal, eds (1984). Conway's All the World's Fighting Ships: 1906–1921. Annapolis: Naval Institute Press. ISBN 0-85177-245-5. 
  • Newbolt, Henry (1996). Naval Operations. History of the Great War Based on Official Documents. IV (reprint of the 1928 ed.). Nashville, TN: Battery Press. ISBN 0-89839-253-5. 
  • Newbolt, Henry. Naval Operations. History of the Great War: Based on Official Documents. V (reprint of the 1931 ed.). London and Nashville, TN: Imperial War Museum and Battery Press. ISBN 1-870423-72-0. 
  • Parkes, Oscar (1990). British Battleships (reprint of the 1957 ed.). Annapolis, MD: Naval Institute Press. ISBN 1-55750-075-4.