アキバ・ベン・ヨセフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アキバ・ベン・ヨセフヘブライ語: רבי עקיבא‎、 Akiva ben Yosef, Rabbi ‘aqibha’ ben Yoseph, 50年 - 135年頃)は、紀元1世紀末から2世紀にかけて活躍した、ユダヤ教最高の律法学者の一人。ラビ・アキバとも呼ばれる[1]

生涯[編集]

アキバは無学な羊飼いであったと言われる。20代になって自分の息子と一緒にアルファベットアレフベート)を学んだという。ロード (イスラエル)で律法を学び、後にロードとブネ・ブラックでも学塾を開き、多くの学者を輩出した[2][3][1]

アキバは、トーラーの口伝伝承を対象別に整理して解釈することで、ミシュナの基礎を築き、ハラハ(ユダヤ法)の発展に決定的影響を与えた。聖書の『雅歌』の重要性を説いたことでも知られる[1][3]

132年、ローマ帝国のユダヤ教弾圧に対して、ユダヤ人が反乱を起こした。これをバル・コクバの乱、又は、第2次ユダヤ戦争という[4]。反乱の首領はバル・コクバ(星の子)とよばれるメシア的な指導者であった。当時高名な律法学者だったアキバは、『民数記』24章17節の「ヤコブから一つの星(コーカーブ)が出る」という句をバル・コクバと結びつけて解し、また、実際に彼をメシアと認めたと伝えられている[1][5]

135年、アキバはローマに捕らえられ、処刑されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 「アキヴァ・ベン・ヨセフ」長窪(2009) pp35-36
  2. ^ ザハル(2003) p251
  3. ^ a b 関谷(2003) pp155-157
  4. ^ 「バル・コホバ反乱」長窪(2009) p392
  5. ^ 「バル・コホバ」長窪(2009) pp391-392

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]