アガアロク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アガアロク
Agalloch
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オレゴン州 ポートランド
ジャンル ブラックメタル
ドゥームメタル
ポストロック
活動期間 1995年 -
レーベル ジ・エンド・レコード
Profound Lore Records
公式サイト www.myspace.com/agalloch
メンバー
ジョン・ハーグム (ボーカルギター)
ドン・アンダーソン (ギター)
ジェイソン・ウィリアム・ウォルトン (ベース)
エソップ・デッカー (ドラムス)
旧メンバー
シェーン・ブレイヤー (キーボード)
クリス・グリーン (ベース)

アガアロク (Agalloch) は、1995年アメリカで結成されたブラックメタルバンド。バンド名の由来は日本語で沈香を意味するAgarwoodから。日本ではアガロッチと発音されることが多いが、本人たちはライブでアガアロクと発音している。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

  • シェーン・ブレイヤー (Shane Breyer):キーボード
  • クリス・グリーン (Chris Greene):ドラムス

略歴[編集]

1995年、ジョン・ハーグムとシェーン・ブレイヤーによって結成される。

1996年の初めに二人は曲作りを開始した。夏の間にドン・アンダーソンが加入。この年の秋には最初のデモがリリースされる。レコーディングのすぐ後にジェイソン・ウォルトンが加入。

1998年、バンドはレーベルを見つけるためにデモをレコーディングする。このデモがジ・エンド・レコードから注目され、彼らは契約を結ぶことになる。 こうしてできたアルバムが1stアルバム『Pale Folklore』である。このアルバムでは以前ほどブラックメタルの影響がみられず、より多くのフォークの要素や新古典主義音楽的な間奏が取り入れられている。レコーディングが終わるとブレイヤーは音楽への情熱を失ったことを理由にバンドを離れている。

未発表曲を収録した『Of Stone, Wind and Pillor』をリリース。ネオフォークバンドSol InvictusのKneel to the Crossのカバーが収録されている。

2001年から2002年にかけて2ndアルバム『The Mantle』をレコーディングする。ポストロックの影響が色濃い作風となった。楽曲The Lodgeでは鹿の骨を蹴って出した音を使うなど、実験的なことも行われている。[1]

2003年3月6日、『The Mantle』のリリース後、 バンドはポートランドで初めてのライブを行う。[2]

2006年、3rdアルバム『Ashes Against the Grain』をリリース。

2008年、EP『The White』をリリース。これは2004年から2007年にかけて作られたフォーク、ダークアンビエントトラックを集めたものである。「The Isle of Summer」、「Sowilo Rune」、「Summerisle Reprise」の三つの楽曲は映画「ウィッカーマン」をテーマにしたものである。後者の二曲はこの映画からのサンプリングを使っている。「Birch White」は英国の詩人A.S.J. TessimondによるBirch Treeから詩を借りている。

2010年、4枚目のアルバム『Marrow of the Spirit』をリリース。本作品の制作に関して、あるインタヴューでジョンはこう答えている。「俺たちはもっと生き生きとして、リアルだと感じられるようなアルバムを作りたかったんだ。この前のアルバムは少し機械化されすぎていたし、洗練されすぎだった。もうそういうのにはうんざりしていた。だから、俺たちは最初のアルバムやデモで使っていたような古いやり方に戻ることにしたんだ。有機的な感覚を取り戻すためにね。」[3]

2012年、EP『Faustian Echoes』をリリース。今までで最長の21分にも及ぶ1曲のみが収録されている。ゲーテの「ファウスト」を引用した曲で、ヤン・シュヴァンクマイエルの映画「ファウスト」からサンプリングも使われいる。

音楽的特徴など[編集]

アガアロクのテーマは自然の美しさ、哀愁、先祖伝来のペイガニズムへの言及である。

あるインタビューで[4] 彼らはカタトニアウルヴェルThe 3rd and the Mortalスワンズゴッドスピード・ユー!・ブラック・エンペラーからの影響を公言している。また、映画監督の アレハンドロ・ホドロフスキージム・ジャームッシュイングマール・ベルイマンの名も挙げている。[5]

ディスコグラフィー[編集]

オリジナルアルバム[編集]

The Hawthorne Passageの7:46から7:50は第七の封印のサンプリングである。アウトロの台詞は映画Fando y Lisからサンプリングしたもの(スペイン語)である[6]
  • 2006年 Ashes Against the Grain
  • 2010年 Marrow of the Spirit
  • 2014年 The Serpent & the Sphere
    • 日本盤:アガロク『ザ・サーペント&ザ・スフィア』

ライブDVD[編集]

  • 2009年 The Silence of Forgotten Landscapes

EP[編集]

デモ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Martinelli, Roberto. “Interview with Jason Walton of Agalloch”. Maelstrom.nu. 2008年3月25日閲覧。
  2. ^ Agalloch / Nothing Concert Review. Metal-rules.com. Retrieved December 14, 2005.
  3. ^ Exclaim! magazine interview with Jon Haughm of Agalloch. Exclaim.ca. Retrieved on 2011-01-06.
  4. ^ Wicked World interview with Agalloch. Earache.com. Retrieved March 2, 2006.
  5. ^ http://www.metal-rules.com/interviews/agalloch.htm
  6. ^ Fando y Lis quotefully.com. Retrieved on February 7, 2012.

外部リンク[編集]