アカリク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社アカリク
Acaric Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0036
東京都渋谷区南平台町1-10
COI南平台ビル5F
設立 2002年10月21日
業種 サービス業
事業内容 大学院人材採用コンサルティング事業・就職支援事業、大学研究室・研究機関を対象とした論文校正・翻訳事業等
代表者 林信長(代表取締役社長)
資本金 1,000万円
外部リンク http://www.acaric.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社アカリクは、大学院人材採用コンサルティング事業や大学院生を対象とした就職支援事業を行う日本の株式会社。就職情報サイト「アカリクWEB」「アカリクAGENT」などを運営している。名前の由来は「アカデミー大学院)」と「リクルート(就職)」。

沿革[編集]

株式会社D・F・Sとして2002年に創業[1]。当初は広告業務、様々な企業のブランディングを業務とした。

2006年に大学院生を対象とした人材コンサルティング事業開始。2007年4月1日大学院生向けのフリーペーパー『アカリク』を4月7月10月1月に発行される季刊誌として創刊。

2010年4月1日に現名称へと商号を変更。

事業[編集]

フリーペーパー『アカリク』[編集]

アカリクは「大学院生が持つ高い能力を社会で活かすためのきっかけを作りたい」という想いから作られた。民間企業へ就職する大学院修了者や大学院に関わる者の言葉を通じて、研究職以外のキャリアをイメージできない大学院生に、多様なキャリアプランがあることを提示する雑誌だった。メインはインタビュー記事で、サブコンテンツとして、コラムアンケートなどを掲載。創刊号は全国810ヶ所の大学生協就職課、自治会などを通じて、計5000部を配布した。

2008年3月にはフリーペーパーに代わる形で後述の『アカリクWEB』を開いた[1]

就職情報サイト『アカリクWEB』[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 株式会社アカリク、アカリクWEB

外部リンク[編集]