アカヤマタケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカヤマタケ
Hygrocybe conica (2005 11 07) 1.jpg
アカヤマタケ Hygrocybe conica
分類
: 菌類
: 担子菌門
亜門 : 菌蕈亜門
: 真正担子菌綱
: ハラタケ目
: ヌメリガサ科 Hygrophoraceae
: アカヤマタケ属 Hygrocybe
: アカヤマタケ H. conica
学名
Hygrocybe conica
英名
witch's hat、conical wax cap、conical slimy cap

アカヤマタケ(Hygrocybe conica)はヌメリガサ科アカヤマタケ属のカラフルなきのこで、北ヨーロッパから北アメリカで見つかる。かつてはHygrophorus conicusと記載されていたが、近縁の別種であると分かった。

Saftling.jpg

外見[編集]

アカヤマタケは小さなきのこで、オレンジ、黄褐色から赤色をしたかさを持つ。かさの直径は2から5cmしかなく、円錐形から徐々に開いていく。かさが開いても中央部は周辺に比べ尖っている。時間がたつにつれ色が暗くなり、傷つくと黒く変色する。軸は細くて黄色く、物によっては時折8~9cmほどの高さになる。ひだと胞子は白い。

分布[編集]

アカヤマタケは、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアを始め、オーストラリアやニュージーランドでも草原や針葉樹林に分布している。現在はアカヤマタケという名で呼ばれているが、実際は近縁種の複合体であると考えられており、その中のいくつかは有毒であると考えられている[1]。アカヤマタケはオーストラリアでも主として都市部周辺に存在するが、この種の多くの収集物にはもともと類似種のHygrocybe astatogalaの名があてがわれていた[2]

可食性[編集]

サイズは小さく、表面は粘着質の物質に覆われているが、このきのこは食べることができる。しかし、20世紀始めに中国で食中毒事故が起こったことが報告されている[3]

参照[編集]

  1. ^ Nilsson, Sven & Persson, Olle (1977). Fungi of Northern Europe 2: Gill-Fungi. Penguin, New York. ISBN 0140630066. 
  2. ^ Young, A.M. (2005). Fungi of Australia: Hygrophoraceae. (Australian Biological Resources Study) CSIRO, Canberra, ACT. ISBN 0-643-09195-5. 
  3. ^ Mushroomexpert page on Hygrocybe conica

関連項目[編集]