アカエビ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカエビ属 Metapenaeopsis
分類
: 動物Animalia
: 節足動物Arthropoda
亜門 : 甲殻亜門 Crustacea
: エビ綱(軟甲綱) Malacostraca
: エビ目(十脚目) Decapoda
亜目 : クルマエビ亜目(根鰓亜目) Dendrobranchiata
上科 : クルマエビ上科 Penaeoidea
: クルマエビ科 Penaeidae
: アカエビ属 Metapenaeopsis
学名
Metapenaeopsis
Bouvier, 1905
和名
アカエビ属
英名
Velvet Shrimp
本文参照

アカエビ属(アカエビぞく、Metapenaeopsis)は、十脚目クルマエビ科の下位分類群の一つ。アカエビトラエビホッコクエビシロエビ等を含む。

特徴[編集]

大型種は体長10cmを超えるが、数cmほどの種類が多く、クルマエビ科としては小型である。体表は短や突起に覆われて光沢がなく、手で触るとざらつく。総称としての英名"Velvet Shrimp"(ベルベットシュリンプ)はここに由来する。また、体表にまだら模様が出るものが多い。体つきは比較的前後に細長く、クルマエビウシエビなどに似るが、太短い体型をしたホッコクエビなども知られる。

熱帯から温帯に広く分布し、水深数mほどの浅海から水深350mほどの深海まで多くの種類が知られる。砂泥底に生息するが、周辺地形や水深、水質によって見られる種類が異なる。砂泥に浅く潜ることができ、これで敵の目を欺く。おもな天敵魚類頭足類海鳥などで、食物連鎖上で重要な位置にある。

同じクルマエビ科のヨシエビ属、スベスベエビ属、サケエビ属などと同様に、底引き網などの沿岸漁業で漁獲される。食用エビとしては小型で値段も安く、雑多なものとして扱われがちだが、手頃な食材として様々な料理に用いられる。たとえば日本では掻き揚げ唐揚げ佃煮、煮付け、塩茹で、えびせん干物、剥きえびなどの材料に使われる。食用の他マダイなど大型肉食魚の釣り餌にも使われる。また、漁獲地からあまり遠くには出回らず、方言呼称も多い[1][2]

種類[編集]

種類ごとの差異は額角、交尾器、各所のなどに認められるが、似通った外見の種類が多く、厳密な同定は難しい[1][2][3][4][5]

日本産[編集]

海外産[編集]

  • M. angusta Crosnier, 1987
  • M. assimilis (De Man, 1920)
  • M. beebei (Burkenroad, 1938)
  • M. ceylonica Starobogatov, 1972
  • M. commensalis (Borradaile, 1898)
  • M. coniger (Wood-Mason, 1891)
  • M. costata Crosnier, 1991
  • M. crassissima Racek et Dall, 1965
  • M. difficilis Crosnier, 1991
  • M. distincta (De Man, 1907)
  • M. erythraea Crosnier, 1987
  • M. evermanni (Rathbun, 1906)
  • M. faouzii (Ramadan, 1938)
  • M. fusca Manning, 1988
  • M. gaillardi Crosnier, 1991
  • M. gerardoi Pérez Farfante, 1971
  • M. goodei (Smith, 1885)
  • M. hilarula (De Man, 1911)
  • M. hobbsi Pérez Farfante, 1971
  • M. incisa Crosnier, 1991
  • M. ivanovi Crosnier, 1994
  • M. kishinouyei (Rathbun, 1902)
  • M. kyushuensis (Yokoya, 1933)
  • M. laubieri Crosnier, 1991
  • M. lindae Manning, 1988
  • M. liui Crosnier, 1987
  • M. mannarensis De Bruin, 1965
  • M. manningi Crosnier, 1994
  • M. marquesas Crosnier, 1991
  • M. martinella Pérez Farfante, 1971
  • M. menoui Crosnier, 1991
  • M. miersi Holthuis, 1952
  • M. mineri Burkenroad, 1934
  • M. novaeguineae (Haswell, 1879)
  • M. parahilarula Crosnier, 1991
  • M. parapalmensis Crosnier, 1994
  • M. persica Crosnier, 1991
  • M. philippii (Bate, 1881)
  • M. propinqua Crosnier, 1991
  • M. proxima Crosnier, 1991
  • M. quadrilobata Crosnier, 1991
  • M. quinquedentata (De Man, 1907)
  • M. richeri Crosnier, 1991
  • M. rosea Racek et Dall, 1965
  • M. scotti Champion, 1973
  • M. sibogae (De Man, 1907)
  • M. sinuosa Dall, 1957
  • M. smithi (Schmitt, 1924)
  • M. spatulata Crosnier, 1991
  • M. spiridonovi Crosnier, 1991
  • M. stokmani Burukovsky, 1990
  • M. stridulans (Alcock, 1905)
  • M. tarawensis Racek et Dall, 1965
  • M. tchekunovae Starobogatov, 1972
  • M. tenella Liu et Zhong, 1986
  • M. vaillanti (Nobili, 1904)
  • M. velutina (Dana, 1852)
  • M. wellsi Racek, 1967

参考文献[編集]

  1. ^ a b 三宅貞祥『原色日本大型甲殻類図鑑 I』1982年 保育社 ISBN 4586300620
  2. ^ a b FAO Species Catalogue Vol.1 - SHRIMPS AND PRAWNS OF THE WORLD An Annotated Catalogue of Species of Interest to Fisheries(英語)
  3. ^ 内田亨監修『学生版 日本動物図鑑』1948年初版・1999年重版 北隆館 ISBN 4832600427
  4. ^ ITIS Standard Report Page : Metapenaeopsis(英語)
  5. ^ 篠宮幸子、酒井勝司「徳島におけるシナアカエビ(新称)の記録」、『動物分類学会誌』第54号、日本動物分類学会、1995年12月25日、 38-43頁、 NAID 110002341669