アカエイ星雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカエイ星雲
Stingraynebula.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡から見たアカエイ星雲
(提供: M. ボブロスキーおよびNASA)
星座 さいだん座
視等級 (V) 10.75[1]
視直径 1″.6[2]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 17h 16m 21.071s[1]
赤緯 (Dec, δ) -59° 29′ 23.64″[1]
距離 18 kly (5.6 kpc)[2]
絶対等級 (MV) -3.0[a]
物理的性質
半径 0.08 ly[2]
別名称
別名称
PN G331.3-12.1,[1]
Hen 3-1357[1]
■Project ■Template

アカエイ星雲Stingray Nebula )は、既知の最も若い惑星状星雲である(Gry 2002)。さいだん座の方角にある。

カール・ゴードン・ハインツは、1967年にアカエイ星雲をAまたはB型のHα線放出星と分類した。1971年にはプレ惑星状星雲だと観測された。1989年にIUEの観測によって惑星状星雲であることが発見された(Parthasarathy et al. 1993) (Gry 2002)。Parthasarathyらは、この出来事によって放出された光は約18,000年を旅して、1975年以降、おそらくは1987年に地球に届いたのだろうと結論付けた(Parthasarathy 2000)。

惑星状星雲の核[編集]

1995年、惑星状星雲の核が、1987年から1995年の間に3度に渡って消えかかった白色矮星であると観測された。惑星状星雲の核は太陽質量の約0.6倍と推定され、0.3秒離れたところに伴星が観測された。星雲の質量は太陽質量の0.015倍と推定された。

光度は、太陽光度の3000倍と推定されている(Parthasarathy 2000)。

参考[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、アカエイ星雲に関するカテゴリがあります。