アカアシトキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカアシトキ
Pseudibis papillosa.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: トキ科 Threskiornithidae
: アカアシトキ属 Pseudibis
: アカアシトキ P. papillosa
学名
Pseudibis papillosa
和名
アカアシトキ
英名
Red-naped Ibis

アカアシトキ(赤足朱鷺、学名:Pseudibis papillosa)は、コウノトリ目トキ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

パキスタン西部から、インド、中国南部、ベトナムまで分布する。

形態[編集]

体長約68cm。頭部は黒色の皮膚が裸出しているが、後頭部は赤く皮膚はいぼ状になっている。頸から体の下面にかけてと背中は濃い褐色で、背中と肩羽は緑色の光沢がある。小雨覆に白色部分があり、静止時も飛翔時もよく目立つ。嘴は暗緑色で、脚は濃い桃色である。

幼鳥は頭部に褐色の短い羽毛が生えており、成鳥に比べて体色が褐色がかっている。

生態[編集]

耕地や荒地など、やや乾燥した環境に生息する。日中は番いもしくは小群で生活している。

主に昆虫類ミミズなどを捕食する。また、植物の種子などの植物質の餌もかなりとる。

番いで繁殖し、樹上に営巣する。まれに小さなコロニーを形成する。1腹2-4個の卵を産み、雌雄共同で抱卵する。

亜種[編集]

以下の2亜種に分類される。

  • Pseudibis papillosa papillosa アカアシトキ

パキスタン西部からインド、ネパールにかけて分布する。基亜種。

  • Pseudibis papillosa papillosa カタジロトキ

ミャンマー中部からベトナムにかけて分布する。基亜種と比べると後頭部も黒く、後頭部から喉にかけての皮膚が灰青色で首輪状に見える。本亜種を独立種とする説もある。

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、90-91頁
執筆の途中です この項目「アカアシトキ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類