アカアシチョウゲンボウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカアシチョウゲンボウ
Falco amurensis -Mongolia-8.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: ハヤブサ科 Falconidae
: ハヤブサ属 Falco
: アカシチョウゲンボウ
F. amurensis
学名
Falco amurensis
Radde, 1863
和名
アカアシチョウゲンボウ
英名
Amur Falcon

アカアシチョウゲンボウ(赤足長元坊、学名:Falco amurensis)は、タカ目ハヤブサ科に属する鳥類の一種である。

分布[編集]

ウスリー地方、中国東北部、朝鮮半島北部の比較的限られた地域で繁殖し、冬季はアフリカ南部へ渡り越冬する。

日本には数少ない旅鳥として、春と秋の渡りの時期に北海道から石垣島までの各地で記録されている。春の記録が多い。

形態[編集]

体長約29cm。雄は体の上面が灰黒色で、下面は青灰色、下腹から下尾筒は赤褐色である。風切羽は黒い。雌は頭部が黒く頬は白い。体の上面は雄と比べて淡い灰黒色である。雌雄とも、蝋膜、眼の周囲のアイリング、足は赤橙色である。

生態[編集]

農耕地や干拓地等の開けた場所に生息している。

主に昆虫類を捕食する。

Sibley分類体系での位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類

参考文献[編集]

  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

関連項目[編集]