アオハタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アオハタ
保全状況評価
DATA DEFICIENT (IUCN Red List)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: ハタ科 Serranidae
亜科 : ハタ亜科 Epinephelinae
: マハタ属 Epinephelus
: アオハタ E. awoara
学名
Epinephelus awoara
(Temminck et Schlegel, 1842)
和名
アオハタ(青羽太)
英名
Banded grouper
Yellow grouper

アオハタ(青羽太、学名:Epinephelus awoara )は、スズキ目・スズキ亜目・ハタ科・ハタ亜科に分類される魚。朝鮮半島、日本から中国沿岸の温暖な海域、太平洋西部に分布する魚で、食材として扱われる。

特徴[編集]

最大全長で60cm近くなる個体もいるが、30cmほどのものが比較的多く見られる。ハタとしては小型から中型の部類である。

体色は、頭が褐色で、白地に細かい斑点が集まった五本の横筋模様がある。ひれが青色で、尾びれなどの端は黄色い。


別名[編集]

長崎ではアオナと呼ばれることが多い。 シーボルトが長崎で採集した標本より学名が付けられたが、福岡県の地方名「アオアラ」が種名 "awoara" となっている。

利用[編集]

比較的高級魚とされる。初夏で、日本では造り煮付けとして食べることが多い。鍋料理にも適する。

香港では「黄釘」(広東語 ウォンディン)、「黄斑」(ウォンパーン)と呼ばれるが、ハタ類の中では価格は安価である。主に蒸し魚として食べられるほか、フライにもされる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]