アオゲラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アオゲラ
アオゲラ
アオゲラ Picus awokera awokera
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キツツキ目 Piciformes
: キツツキ科 Picidae
亜科 : キツツキ亜科 Picinae
: アオゲラ属 Picus
: アオゲラ P. awokera
学名
Picus awokera Temminck, 1836
和名
アオゲラ
英名
Japanese Green Woodpecker

アオゲラ(緑啄木鳥、Picus awokera)は、鳥綱キツツキ目キツツキ科アオゲラ属に分類される鳥類。

分布[編集]

P. a. awokera アオゲラ
日本本州飛島粟島佐渡島隠岐[1]固有亜種
P. a. horii カゴシマアオゲラ
日本(四国九州[1]対馬)固有亜種
P. a. takatsukasae タネアオゲラ
日本(種子島屋久島[1])固有亜種

形態[編集]

全長29cm (29-30cm[2][3])、体重120-138g[3]。体上面の羽衣、尾羽や翼は黄緑色で、和名(緑も含めた古い意味での青)の由来になっている。背中や肩羽は灰色みを、腰や尾羽は黄色みを帯びる。胸部の羽衣は灰褐色。腹部の羽衣や尾羽基部の下面(下尾筒)は白く、体側面から下尾筒にかけてアルファベットの「V」字状の黒い斑紋が入る。頭部や頸部の羽衣は灰色で、嘴の基部から側頭部にかけて黒い筋模様(顎線)が入る。顎線の一部は赤く、喉は白い。初列風切は黒褐色で、白い斑点が入る。

虹彩は暗赤色。上嘴の色彩は黒く、下嘴の色彩は黄色みを帯びる。後肢の色彩は灰色。

オスは額から後頭にかけての羽衣が赤く、顎線にある赤色部の面積がより大きい。メスは後頭の羽衣のみ赤く、顎線にある赤色部の面積がより小さい。

南に分布する個体群は小型で、体色が濃くなる傾向がある。

分類[編集]

  • Picus awokera awokera Temminck, 1836 アオゲラ
  • Picus awokera horii Taka-Tsukasa, 1918 カゴシマアオゲラ
  • Picus awokera takatsukasae Kuroda, 1921 タネアオゲラ

生態[編集]

平地から山地にかけての森林に生息する。あまり季節の移動しないが[4]、亜種アオゲラは住宅地などでも観察される[1]

食性は動物食傾向の強い雑食で、主に幹や枝で昆虫を採食するが、果実も食べる。樹上でも地表でも採食を行い、地上でアリも採餌する。

生木の幹に穴を掘った巣に、1回に7-8個の白色無斑の卵を産む[4]。雌雄交代で抱卵する。

鳴き声は、キョッキョッ。飛翔時にケレケレケレと鳴くこともある。繁殖期には口笛のようなピョーピョーピョーという声も発する。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d 日本鳥学会 『日本鳥類目録 改訂第6版』、日本鳥学会、2000年、170-171頁。
  2. ^ Hans Winkler, David A. Christie, David Nurney, WOODPECKERS an identification guide to the Woodpeckers of the World, (1995) pp. 365-366. ISBN 0-395-72043-5
  3. ^ a b Brazil, Mark (2009). Birds of East Asia. Princeton University Press. p. p. 288. ISBN 978 0 691 13926 5. 
  4. ^ a b 高野伸二 『カラー写真による 日本産鳥類図鑑』、東海大学出版会、1981年、319-320頁。

外部リンク[編集]

  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2012. Picus awokera. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.1.
執筆の途中です この項目「アオゲラ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類