アエロメヒコ航空498便空中衝突事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アエロメヒコ航空498便
パイパー・アーチャー N4891F
衝突により水平尾翼を失い、セリトスに高速で墜落するHermosilloの白黒写真。
事故の概要
日付 1986年8月31日
概要 空中衝突
現場 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州セリトス英語版
負傷者総数
(死者除く)
8(地上)
死者総数 82(うち地上15)
第1機体

事故機と同型のDC-9 (XA-DEK) (1975年8月3日、マイアミ国際空港で撮影)
機種 マクドネル・ダグラス DC-9-32
機体名 Hermosillo
運用者 アエロメヒコ航空
機体記号 XA-JED
出発地 メキシコの旗 メキシコメキシコシティ
メキシコシティ国際空港
第1経由地 メキシコハリスコ州グアダラハラ
ドン・ミゲル・イダルゴ・イ・コスティージャ国際空港
第2経由地 バハ・カリフォルニア・スル州
ロレート空港
最終経由地 バハ・カリフォルニア州ティフアナ
ヘネラル・アベラルド・L・ロドリゲス国際空港
目的地 アメリカ合衆国カリフォルニア州
ロサンゼルス国際空港
乗客数 58
乗員数 6
生存者数 0
第2機体

事故機のパイパー・アーチャーと同型のパイパー PA-28-180 アーチャー
機種 パイパー PA-28-181 アーチャー
運用者 プライベート
機体記号 N4891F
出発地 アメリカ合衆国カリフォルニア州トーランス
ザンペリーニ・フィールド
目的地 カリフォルニア州ビッグベアレイク英語版
ビッグベアシティ空港
乗客数 2
乗員数 1
生存者数 0

アエロメヒコ航空498便空中衝突事故は1986年8月31日にロサンゼルス郊外のセリトス英語版上空で発生した空中衝突である。アエロメヒコ航空498便マクドネル・ダグラス DC-9)がロサンゼルス国際空港へ進入中にクレイマー一家が所有するパイパー PA-28-181 アーチャー(機体記号:N4891F)と衝突・分解し、両機に搭乗していた67人全員と地上の15人が死亡した。さらに、地上の8人もこの事故による軽傷を負った[1]

機体[編集]

アエロメヒコ航空498便はダグラス DC-9-32(機体記号:XA-JED[2]、以前はデルタ航空でN1272として登録[3])で運航されており、グアダラハラロレート英語版ティフアナを経由しメキシコのメキシコシティからロサンゼルス国際空港へ向かっていた[4]。N4891Fはクレイマー一家が所有する自家用のパイパー PA-28-181 アーチャーであり、カリフォルニア州トーランスからビッグベアレイク英語版へ向かっていた。

498便のコックピットクルーは、アントニオ・バルデス ・プロム機長 (46) とホセ・バレンシア副操縦士 (26) であった。

衝突と墜落[編集]

パイロットのウィリアム・クレイマー (53) と乗客2人が搭乗したパイパー機 (N4891F) はカリフォルニア州トーランスを11時40分頃 (PDT、太平洋夏時間) に出発した。クレイマーは231時間の飛行時間を持っていた。11時46分頃、乗客58人と乗員6人が搭乗した498便はロサンゼルスへ向けて初期の降下を開始した。同便の機長はDC-9では4,632時間の飛行経験を持っており、合計で10,641時間の飛行時間を持っていた。副操縦士は合計で1,463時間飛行しており、うちDC-9では1,245時間の飛行経験を持っていた。午前11時52分頃、パイパー機のエンジンがDC-9の左側の水平尾翼と衝突し、パイパー機のコックピットの天井が削ぎ取られクレイマーと乗客2人が首を切断された[1]。大破したパイパー機は無人であったセリトス小学校の運動場(座標:33°51'55.76"N 118° 2'23.97"W)に墜落した[5]

一方その頃、垂直尾翼の大半と水平尾翼全てが剥ぎ取られたDC-9は上下逆となりすぐに急降下し、セリトスのHolmes AvenueとReva Circleの交差点にあった住宅街に激突、現在の17914 Holmes Avenueにあった1軒の家に突っ込み衝撃で爆発した。爆発により、DC-9の残骸がHolmes Avenueの向かい側やCarmenita Roadの路上に散乱し、4軒の家が全壊、7軒の家が損害を受けるなどした[6]。これにより、ジェット機に搭乗していた乗客乗員64人全員と地上の15人が死亡した。墜落による火災が被害に大きく寄与した。

管制官が498便に割り当てられた時、航空機がレーダースクリーンから消失するのを見て、彼は到着機であるアメリカン航空MD-83を支援のために呼び出した。通過中の同機のパイロットは左側に498便が墜落したことを示す大きな煙流 (smoke plume) を見たと返答した[7]

DC-9の犠牲者の内訳[編集]

国籍 乗客数 乗員数 合計
コロンビアの旗 コロンビア 1 0 1
エルサルバドルの旗 エルサルバドル 1 0 1
メキシコの旗 メキシコ 20 6 26
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 36 0 36
合計 58 6 64

乗客のうち36人がアメリカ国民であった。メキシコ国民のうち、11人がアメリカに住んでおり9人はメキシコに住んでいた。エルサルバドル国民はアメリカ合衆国ニューヨーク州アイスリップ町ベイショア地区に住んでいた。全乗客のうち10人が子供と判明した[8]

ティフアナ-ロサンゼルス間の便に搭乗していた乗客のうち[9]

調査とその後[編集]

国家運輸安全委員会の調査により、パイパー機は必要とされるクリアランスなしでロサンゼルス・ターミナル・コントロール・エリア (TCA) に入っていたことが判明した。このTCAは南は33.714N 118.007Wへ到達する高度6000フィートから7000フィートにかけての三角形状の空域となっており、計画されたパイパー機の飛行経路を横切っていた。パイパー機は合法的にATCとの交信なしでこの空域の下を飛行することができたが、そうせずに上昇しその中に進入した。管制官はまた、飛行場の真北のTCAに入っていた、こちらもクリアランスを得ていなかったもう1機の航空機にも気を取られていた。

パイパー機には高度を表示したであろうモードCトランスポンダが搭載されておらず(当時義務付けられていなかった)、LAXには自動警報装置が装備されていなかった。結局、互いに視界に入っていたにもかかわらず、どちらのパイロットもいかなる回避行動を取らなかったことより彼らは他方の航空機を発見しなかったようだった。死体解剖によりパイパー機のパイロットの心臓にあった重要な動脈閉塞が明らかにされた時、大衆はクレイマーは心臓発作に見舞われて操縦不能となりこれが衝突の原因となったと憶測した。さらなる法医学的証拠はこれに疑問を示し、クレイマー側の過失が衝突の主な要因となったと決定された[1]

この事故やターミナル・コントロール・エリア内で発生したその他のニアミス(near mid-air collisions、NMAC)の結果として、連邦航空局 (FAA) はアメリカの空域を飛行する全てのジェット機に空中衝突防止装置 (TCAS) を搭載することおよび混雑した空域を飛行する軽飛行機に高度を報告できる「モードC」トランスポンダを搭載することを義務付けた[10]

陪審はアエロメヒコ航空機に過失は無く、クレイマーとFAA双方に等しく過失があり同等の責任を負うと決定する判決を下した[11]。連邦規則集14巻91.113 (b) は全航空機のパイロットに、飛行経路上で衝突する可能性がある他機を「目視し回避する」[12]ために警戒を維持するよう義務付けている。衝突時の相対位置はどちらの航空機もあらゆるを回避操作を取った形跡がないことを示していた。

この便名は最近再び使用されるようになった[13]

映像化[編集]

記念碑[編集]

セリトス彫刻庭園にある事故の記念碑

2006年3月11日、セリトス市は事故の犠牲者への記念碑を特徴とする新しい彫刻庭園を一般向けに開園した[14]。Kathleen Caricofが設計した彫刻は[15]3つで構成されている。うち1つの大きな翼に似ている作品は、アエロメヒコ航空のジェット機に搭乗していた犠牲者を追悼している。これに類似しているが、小さいほうの作品(小さいほうの台座の上にある)はパイパー機に搭乗していた犠牲者を追悼している。3つ目の作品であるベンチは、地上の犠牲者を追悼している。ベンチでは訪問者が座ることや事故を振り返ることもできる[16]

犠牲者の氏名は2つの翼のような作品が置かれた台座に記載されている。小さいほうの台座には "in loving memory" と記され地上の犠牲者にささげられており、大きいほうの台座には "in memory" と記され両機に搭乗していた犠牲者にささげられている。両方の台座に記された名前はアルファベット順に記されている。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

ウィキポータル 関連ポータルのリンク


脚注[編集]

  1. ^ a b c NTSB Report-87/07
  2. ^ http://aviation-safety.net/database/record.php?id=19860831-0
  3. ^ http://www.airliners.net/photo/AeroMexico/McDonnell-Douglas-DC-9-32/0630543/&sid=e44f76e404d27462701a775daa63e15f
  4. ^ Collision in the "Birdcage", TIME
  5. ^ The Story of Cerritos: Chapter 8 1976-1986 -Growth, Development and an Unnatural Disaster” (Endlish). City of Cerritos. 2014年9月12日閲覧。
  6. ^ "Aircraft Collision Over Los Angeles Suburb," (diagram) Daily Herald (Chicago), September 2, 1986, p6
  7. ^ "Out of Sight," Mayday
  8. ^ "Collison Victims on DC-9." The New York Times. September 2, 1986. Tuesday, Late City Final Edition. Section D, Page 17, Column 5. National Desk.
  9. ^ "List of Casualties on DC-9." The New York Times. September 1, 1986. Monday, Late City Final Edition. Section 1, Page 7, Column 1. National Desk.
  10. ^ Larry Gerber, AP, "1986 Cerritos crash changed the way we fly," The Intelligencer Record (Doylestown, Pa.), September 1, 1996, p A-13
  11. ^ ReutersPublished: April 15, 1989 (1989年4月15日). “Jury Fixes Blame for Crash That Killed 82 - New York Times”. Nytimes.com. 2013年11月13日閲覧。
  12. ^ http://www.ecfr.gov/cgi-bin/text-idx?rgn=div8&node=14:2.0.1.3.10.2.4.7
  13. ^ http://flightaware.com/live/flight/AMX498
  14. ^ Sculpture Garden dedication press release”. City of Cerritos (2006年3月3日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  15. ^ [1][リンク切れ]
  16. ^ Cerritos Air Disaster Memorial” (English). City of Cerritos (2009年12月23日). 2014年9月12日閲覧。
  • NTSB.gov, Brief of Accident, NTSB, adopted March 7, 1988,
  • AOPA.org, Collision Over Cerritos, Aircraft Owners and Pilots Association

外部リンク[編集]

座標: 北緯33度52分05秒 西経118度02分44秒 / 北緯33.86806度 西経118.04556度 / 33.86806; -118.04556