アエロスール航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アエロスール航空
AeroSur
IATA
5L
ICAO
ASU
コールサイン
AEROSUR
設立 1992年
ハブ空港 ビルビル国際空港
焦点空港 エル・アルト国際空港
保有機材数 3機
就航地 なし(運航停止中)
本拠地 ボリビアサンタ・クルス

アエロスール航空西: Compañía Boliviana de Transporte Aéreo Privado Aerosur, S.A.)は、ボリビアサンタ・クルスに本社を置く国内最大の航空会社である。国内線の他、南北アメリカ・ヨーロッパへの国際線を運航していた。 2012年5月17日より運航停止中(2012年7月5日現在)

概要[編集]

アエロスールのB747-400

1992年に会社設立し、同年の8月にサンタ・クルスポトシの間で初運航を行った。それまで、ボリビア国内の航空事業は、国営のLAB航空に独占されていたが、規制緩和により航空事業に参入した。

LAB航空の倒産・消滅によって市場を独占するが、2009年に発足した国営のボリビアーナ航空が参入したため、厳しい競争を強いられる。 その後2年間にわたり安定した運行を続けていたが、税金未納を理由に2012年3月14に国税当局が国内売上の100%を差し押さえる。業績は徐々に悪化し、同年5月17日の臨時便運行を以って運航停止状態となった。


かつての就航都市[編集]

ボリビア国内
南アメリカ
北アメリカ・カリブ海
ヨーロッパ

機材[編集]

2012年7月現在

外部リンク[編集]