アエル (仙台市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
AER(アエル)
AER from south-southwest 2010-06-02.jpg
施設情報
所在地 宮城県仙台市青葉区中央1丁目3-1
座標 北緯38度15分45.8秒
東経140度52分53.4秒
状態 完成
建設期間 1995年平成7年)3月17日 - 1998年(平成10年)3月19日
用途 商業施設・オフィス
建設費 746億(総事業費)
地上高
最頂部 145.5m
屋上 145.5m
最上階 31階
各種諸元
階数 地上31階、地下3階
延床面積 73,079m²m²
エレベーター数 12基
関連企業
設計 仙台市
施工 フジタ松村組三菱建設JV
所有者 セキュアード・キャピタル・ジャパン

アエル (AER) は、仙台市青葉区東日本旅客鉄道(JR東日本)仙台駅西口北側に立つ地上31階 (145.5m) の再開発ビルである。

1998年平成10年)の完成時点では東北地方で最高層のビルであり、仙台市都心部ランドマークとなっている。しかし2010年(平成22年)、青葉区一番町に地上37階(約180m)の「仙台トラストタワー」が竣工したため、東北地方では第5位の高さである。

概要[編集]

1階から4階までが商業施設。5階から7階が仙台市の施設。8階から30階がオフィスビルとなっている。商業フロアには丸善ユニクロなどのテナントが入居する。最上階の31階には、無料の展望テラス(開放時間10:30 - 20:00)がある。

完成時期が失われた10年といわれる不況期であったことから、入居企業に就労支援・労働者派遣が多いのが特色である[† 1]。また、交通の便が良いため、一般的な学校より通学範囲が広い資格取得予備校などの教育機関も入居している。

ネット!U」にある多目的ホールは、仙台駅周辺に数少ないイベントスペースであるため、様々なイベントが開かれている。そのほか祭事シーズンには1階の入口付近(交差点側)に露店が出店したり、ステージイベントが開催されることもある。

建設には全天候型ビル自動建設システムが用いられ、当時としては最も高い建物への適用例であった[1]。また、居住性向上のため、制振装置が設置されている[2]

郵便番号は、住友生命仙台中央ビル (SS30) と同様に、980-61xxという専用番号が付番される(xxは階番号だが、32より大きな数字の場合は特定のテナント専用となる)。

沿革[編集]

1988年昭和63年)に仙台市によって中心部再開発事業[3][4]として事業化され、1998年(平成10年)に完成。総事業費は約746億円であったが不況のため売却先が見つからず、市が保有したままテナントを貸して賃料を債務返済にまわしていた。2007年(平成19年)3月の時点で借入金は約276億円残っていたが、同年10月に外資系投資ファンドセキュアード・キャピタル・ジャパン」を中心とする特定目的会社に287億7,800万円で売却された。これは完成前の1995年(平成7年)に売り出した際の公募価格と同額であった。

年表[編集]

受賞歴[編集]

主なテナント[編集]

展望フロア[編集]

31階は、展望テラスと結婚披露宴会場で構成される。

  • ザ・オリエンタルスィートヴィラ(エムジェイキュー)
  • 展望テラス:東西1か所ずつ

オフィスフロア[編集]

9階 - 30階は賃貸オフィスとなっている。

エル・ソーラ仙台[編集]

28階 - 29階に入居する仙台市の男女共同参画施設で、みやぎ子育て・女性健康支援センター、せんだいファミリーサポート・ネットワーク、ウイメンズサポートセンターなどの機能を持つ。同様な市の施設に、141ビルにあるエル・パーク仙台がある。

  • 29階:図書資料ラウンジ、市民交流スペース・キッズコーナー、活動ブース
  • 28階:大研修室、研修室1、研修室2、ミーティング室、託児室

就労支援・人材派遣[編集]

教育・研究[編集]

医療[編集]

  • 20階:宮城県赤十字血液センター献血ルームAER20
  • 18階:
  • 15階:
  • 12階:宮城県成人病予防協会中央診療所
  • 11階:
    • LCクリニック仙台
    • 仙台駅前クリニック
  • 10階:
    • かねとう腎泌尿器科クリニック
    • エイブル調剤薬局(サンライフコミュニティ)
    • アエル斎藤整骨院

金融[編集]

一般企業・その他[編集]

公共フロア[編集]

5階 - 7階は、財団法人仙台市産業振興事業団が入居する。5階の多目的ホールでは、立地のよさを反映した講演会・展示会・イベントなどが行われている。8階は、仙台市教育委員会が運営する「仙台子ども体験プラザ」(平成26年夏開館予定)がある。他の仙台市の機関として、オフィスフロアの28階 - 29階にエル・ソーラ仙台がある。

  • 8階:
    • 仙台子ども体験プラザ[7]
  • 6階:
    • 仙台市情報・産業プラザ「ネ!っとU[9]
      • 特別会議室、セミナールーム1・2、講師控室1・2
  • 5階:
    • 仙台市情報・産業プラザ「ネ!っとU」
      • 多目的ホール(椅子のみ使用850名、机・椅子使用351名)、情報化研修室、主催者・来賓控室
    • 仙台市青葉区役所戸籍住民課仙台駅前サービスセンター

商業フロア[編集]

商業フロアが入るAERの下層部(仙台七夕期間中)

商業エリアは「Shop & Wonder AER」と呼ばれる。店舗面積は8,125m2[6]。1階 - 2階にはアトリウムがある。出店テナントの詳細については公式サイト「ショップインデックス」を参照。

駐車場[編集]

地下3階から地下1階は駐車場および駐輪場となっている。

  • 駐車場:311台収容、100円/15分
  • 駐輪場:約450台

周辺[編集]

花京院スクエアから見たAERの北側(2009年12月)
2008年にAERの南側(写真手前)に仙台マークワンが完成
仙台マークワン着工前のAER(2005年8月)。AERの前に仙台マークワンに建て替えられる前の第一ビルがある。

AERは、仙台駅北側の徒歩移動の集約地である駅前通り名掛丁の交差点に建ち、仙台駅と中心部商店街の中央通り(ハピナ名掛丁)との動線、および、オフィスビルが建ち並ぶ花京院や本町との動線が集まる。

AERが面するもう一つの交差点の駅前通り・広瀬通りの四隅には、既に「Azur仙台」(地上19階、87m)と宮交仙台高速バスセンターを併設する「東京建物仙台ビル」(地上20階、97m)が建っているが、将来的には、花京院一丁目第一地区再開発による2棟のビル[10]が建設される予定で、これらもAERと同様に仙台駅西口ペデストリアンデッキで繋がり、地上のほかに2階の高さでも歩行者が行き交う多層的な地区となる。

2008年(平成20年)4月1日より、正面に「仙台駅北口」バス停が設置され、混雑時や当地周辺への用途の際のアクセスが向上している。かつて、この位置は仙台ヒルサイドアウトレットを結ぶ無料シャトルバスの仙台駅側の乗降拠点となっていた[† 4]

AERの南側では、低層部分に仙台パルコが入るオフィス・商業複合ビル「仙台マークワン」(地上19階、高さ98m)があり、その建設に合わせて両ビルの間には新たにペデストリアンデッキが設置され、線路を跨いで仙台駅東口との東西連絡デッキも設けられた。

また、広瀬通りは駅前通りより東のAERの北面で宮城野橋(X橋)に接続しているが、将来的にはこれが架け替えられ、現在進行中の仙台駅東第二土地区画整理事業[11]と多層的に接続される予定である(都市計画道路元寺小路福室線[12])。

AER周囲では徒歩移動の多層性の拡充が進み、AERはその集約地の一つとなると見られている。

その他[編集]

  • ネット!U」の多目的ホール(AER多目的ホール)は、仙台港夢メッセみやぎと並び、仙台市で同人誌即売会およびコスプレイベントが開かれる場所としてその筋では著名。夢メッセみやぎ(最寄り駅:JR仙石線中野栄駅)が自動車でのアクセス中心なのに対し、AER多目的ホールは、仙台駅に隣接することから鉄道・バスでのアクセス中心であり、ある意味棲み分けがなされている。仙台の萌え系ビジネスの集積地は、以前は仙台駅西口南西部の仙台朝市周辺であったが、現在は新学生街クリスロードに集積する傾向があり、「AER多目的ホール」はその点でも直近に位置する。なお、八木山ベニーランドでも定期的にコスプレイベントが行われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし、アデコなどの一部を除き多くは仙台マークワンなどへ移転している。
  2. ^ 東北6県の各支社の統括機能を担う部署となり、労働者派遣等の実務は同居する仙台支社や仙台第一生命タワービルディングに所在する3支社が担当する。
  3. ^ アデコは、仙台第一生命タワービルディング7Fに、仙台一番町支社・仙台北支社・I&R仙台支社を別途設置。I&R仙台支社は、登録型アルバイト・短期派遣を専門に行う部署で、仙台支社は一般の長期派遣・紹介予定派遣を担当し、仙台一番町支社が仙台支社を補完する形を取る。仙台北支社は、大崎市の古川支社が担当していた部分の一部を分割・継承し、主に仙台市外(県南部を含む)の長期派遣・紹介予定派遣を担当する。
  4. ^ 2011年現在は、愛子観光バスが開設した路線バス利用者への無料券配布に切り替えたため、シャトルバスは廃止され、路線の乗り場も、仙台東洋ビル仙台東宝ビル前に「仙台駅前31-3」乗り場として設置された。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]