アウレリオ・ミゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 柔道
オリンピック
1988 ソウル 95kg級
1996 アトランタ 95kg級
世界柔道選手権
1993 ハミルトン 95kg級
1997 パリ 95kg級
1987 エッセン 95kg級

アウレリオ・フェルナンデス・ミゲル( Aurélio Fernández Miguel 1964年3月10日- )はブラジルサンパウロ出身の柔道選手。現役時代は95kg級の選手。身長180cm[1]

人物[編集]

1983年に世界ジュニアで優勝する。1987年の世界選手権では2連覇することになる須貝等と接戦を演じて3位となる。そして翌年のオリンピックでは優勝を果たすも、その内容は旗判定や反則ポイントによる勝利の積み重ねで、技で上げた勝利がないことから、ポイント柔道の典型例として批判もされたが、その一方で、相手を一度も投げずに金を取ったのは、それはそれでたいしたことだと一定の評価を与える、当時の全日本監督の上村春樹のような声もあった[1][2]。 その後もアトランタオリンピックで3位になったり、世界選手権で2度2位に入るなど、長きにわたって国際大会で活躍した[1]。引退後はサンパウロの市会議員も務める[3]

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Biography and Olympic Results
  2. ^ 「特集 第24回オリンピックソウル大会柔道競技(Part2)」近代柔道 ベースボールマガジン社、1988年11月号、22項
  3. ^ Veja quais vereadores "famosos" foram eleitos; assista

外部リンク[編集]